写真日記 Photo diary

2012年5月16日(水)
堀尾吉晴公の銅像、原型できる
木型の模型で説明する西村さん(中央)


 松江開府の祖、堀尾吉晴公の銅像の原型となる木彫りの像ができました。銅像の制作者である松江市出身の彫刻家、西村文男さん(埼玉県在住)が市役所を訪れ、市長に制作課程などを報告しました。銅像はブロンズ製で、市内の有識者の方々が発起人となって作られた建設委員会が寄付を募り制作、松江城大手前に来年6月に完成予定です。

【写真】 木型の模型で説明する西村さん(中央)
トップページ