このページではJavaScriptを使用しています。

トップ > 手帳交付 > 精神障がい者保健福祉手帳

精神障がい者保健福祉手帳

精神疾患(知的障がいを除く)のため、長期にわたり日常生活や社会生活に制約のある方が申請によって該当すると認められた場合に、自立と社会復帰・社会参加のために交付される手帳です。
 この手帳を取得することで各種の福祉サービスを受けることができます。

【申請窓口】
松江市障がい者福祉課 各支所市民生活課
【問い合わせ】
松江市障がい者福祉課 TEL:55-5945 / FAX:55-5309

障がいの程度

1級 単独での日常生活が困難な方(障がい年金1級程度)
2級 日常生活に著しい制限を受ける方(障がい年金2級程度)
3級 日常生活・社会生活に制限を受ける方(障がい年金3級より広い範囲)

申請手続き

様式:心と体の相談センター

手続きが必要な場合 手続きに必要なもの
新規申請

初めて手帳を申請するとき

申請書、印鑑、写真、診断書又は年金証書等
更新

有効期限の更新をするとき

申請書、印鑑、写真、診断書又は年金証書等、手帳
再交付 (1)等級変更

障がいの状態が変わったとき

申請書、印鑑、写真、診断書又は年金証書等、手帳
(2)紛失・破損

手帳をなくしたとき

手帳を破損したとき

申請書、印鑑、写真、破損の場合は手帳
変更 (1)居住地変更

住所が変わったとき(県内)
(窓口は新しい居住地の市区町村)

申請書、印鑑、手帳

県外から転入してきたとき

申請書、印鑑、写真、手帳
(2)氏名変更

氏名が変わったとき

申請書、印鑑、手帳
返還

死亡、障がい手帳の程度に該当しなくなったときなど

申請書、印鑑、手帳

↑ページトップへ戻る

申請上の注意

【写真】
(サイズ:タテ4cm×ヨコ3cm)上半身、脱帽、正面、1年以内に撮影したもの。
家庭用プリンターを使用した場合は、鮮明で写真用の「厚口」または「特厚口」の用紙に印刷したものに限ります。
※ 更新申請の場合で写真付の手帳をお持ちの方であれば写真は不要です。
【診断書・年金証書等】
精神障がいを事由とした障がい年金を受給していない場合は、診断書(手帳申請用)。
精神障がいを事由とした障がい年金を受給している場合は、証書等の写しと同意書
  (年金証書等で申請の場合は、年金の等級が手帳の等級になります。)
※ 申請は、初診日から6か月以上経過してから受け付けます。

申請から交付までの注意

申請してから手帳交付までは1か月から2か月程度の期間を要します。

県から市へ結果が通知され、市から申請者宛に郵便でお知らせします。(非該当となる場合もあります。)手帳の交付は、原則として申請窓口での受け取りとなります。

有効期間

手帳の有効期限は2年です(2年ごとに更新の手続きが必要です)。

更新手続きは、有効期限の3か月前から行うことができます。

手帳の効力

手帳に「有効期限」が記載されています。

この日までに更新の申請をしてください。申請されなければ、各種サービスが受けられない場合があります。お持ちの手帳をご確認ください。

↑ページトップへ戻る

前のページに戻る
トップページへ 目次一覧へ 目的別一覧へ 索引一覧へ 相談支援へ

プリンターなどで印刷される場合は、こちらのPDF版をダウンロードしてご利用ください。


上記ファイルが開けない場合は、下記ボタンよりアドビ社アドビリーダーをダウンロードしインストールをお願いいたします。

アドビ社アドビリーダーダウンロード

〒690-8540

島根県
松江市末次町86番地

松江市健康福祉部

障がい者福祉課

TEL(0852)55-5304

FAX(0852)55-5309

e-mail:
s-fukushi@city.matsue.lg.jp
松江市健康福祉部障がい者福祉課はこちら
メニューイメージ画像