| 市報松江3月号目次 |
市報松江 2006.3
松江市保健センターだより

各種健診(検診)のご案内方法が変わります。
 平成18年度からは、松江市が実施している全ての健診(検診)を「健診カレンダー」という形で、小冊子形式に集約して5月の市報松江に折り込んでお知らせいたします。
 年間の健康管理計画が記入できるページも折り込みたいと思っておりますので、これを保存版としてご利用いただき、ぜひ、ご家族みなさんの健康管理計画をお立てください。
 健診カレンダー、各種健診受診券、基本健康診査記録票を次の日程でお知らせする予定です。

(1)5月初旬
市報松江5月号で「健診カレンダー」を折り込みます。(松江市が実施する全ての健診を一覧にしてお知らせします。保存版として利用ください。) (2)5月中旬
各種健診受診券(はがき形式)を受診対象者と思われるみなさんに郵送します。(全ての健診の受診券です。各健診受診時に必ずご持参ください。)
(3)6月下旬
65歳以上のみなさんに 基本健康診査記録票を郵送します。(65歳以上の人は、受診時に(2)の受診券と共にご持参ください。)(64歳までの人には記録票は事前郵送しません、(2)の受診券をご持参いただき、記録票は受診医療機関窓口でご記入ください。)

 
平成18年度の基本健康診査について

1.受診できる期間が延長になります。
平成18年度より20歳以上すべての年齢の人が7月、8月、9月、10月の4ヶ月間受診できることとなります。
 
2.65歳以上の人に介護予防サービス関連の検査が追加されます。
 平成18年度より、介護保険法が一部改正になり、要介護状態になるのを防ぐため「地域支援事業」(※1)などの介護予防事業が実施されます。これに伴い、生活習慣病予防のための松江市基本健康診査に、介護予防のための検査項目も新たに追加することとなりました。
 介護予防サービスの対象者となる65歳以上の人に関して、(1) 口腔内状況・嚥下機能(食べ物等を飲みこむ機能)・関節可動域の診察、(2) アルブミン血液検査、(3) 介護アセスメント(生活状況問診)の生活機能評価を組み入れて総合的に健診結果を出します。この健診結果を元に、生活機能低下のおそれがある高齢者の方を「地域包括支援センター」(※2)へ紹介し、介護予防サービス等のご利用をご案内いたします。
 ※((※1)(※2)について詳しくは、「H18年4月から介護保険制度が変わります」をご参照ください。)


[ 1page2page ]
| 市報松江3月号目次 |