| 市報松江3月号目次 |
市報松江 2006.3
玉湯支所だより
市報松江 玉湯支所だより No.12
Tamayu shisho dayori
2006.3 MATSUE CITY NEWSLETTER
■編集・発行
  松江市玉湯支所地域振興課
  〒699-0292 玉湯町湯町1793番地
  TEL0852-55-5780 FAX0852-55-5799

島根ふるさとフェア2006が開催されました  広島県に島根県の魅力を発信し、一層の交流促進を図ることを目的として1月21日、22日の両日島根ふるさとフェア2006が広島県立総合体育館をメイン会場にして開催されました。
 今年は市町村合併の影響から出展ブースは減りましたが、『出会い、ふれあい、しまねのご縁』をテーマに開催したところ、天候に恵まれた2日目の来場者は10万200人を数え、一日あたりの来場者数としては過去最高となりました。
玉湯町としては布志名焼、メノウ製品など特産品の販売を行いました。また、ファミリー体験コーナーでは例年大好評の『勾玉づくり体験』で、親子で勾玉づくりに挑戦していただき、いいモノ体験広場では『足湯』を準備し、玉造温泉から運んだ温泉で、来場者に足湯を体験してもらいました。体験者からは、「足湯で足のむくみがとれた。」、「今度は本場の温泉につかってみたい。」など様々な声が聞かれました。



玉湯地区コミュニティバス利用促進協議会設立  玉湯地区において運行されているコミュニティバスの利用の促進と、公共交通の確保を目的とした玉湯地区コミュニティバス利用促進協議会が1月31日設立されました。
 現在、松江市においては、公共交通体系整備計画策定委員会が設置され、本年9月を目途に、バスを中心とした公共交通体系の整備について、検討がなされております。
 こうした中で、各支所のコミュニティバスについても利用者の一層の利便を図るため協議会が設置されることとなりました。
 当日、出席された委員の方々からは、「市立病院へ直接、バスの乗り入れができないか」、「コミュニティバスのステップが高く、高齢者は乗降が大変だ」といったような意見が聞かれました。
 この協議会は、本年8月を目途にダイヤの改正、路線等の検討を行っていくこととなっております。
【お問合せ先】 玉湯支所地域振興課

協議会委員
自治会連合会長福間 敬司
布志名小室 清子
湯町大野 厚夫
吉木 隆
玉造小村 ミツヨ
大谷森脇 久美子
玉湯小学校PTA会長内藤 雄次
布志名寿会長石原 一夫
湯町寿会長富田 茂雄
本郷寿会長福間 孝吉
玉造寿会長新宮 承紀
大谷上寿会長春 木忠
玉湯地区社会福祉協議会長泉 宏美治
玉湯公民館長岩田 渥男



『花吹雪温泉まつり』
3月25日〜4月16日
『花吹雪温泉まつり』
3月25日〜4月16日

川柳(1月12日選)
玉湯公民館 川柳クラブ
年始客終わって主婦の寝正月(春木伴子)
歳末にお餅をもらいありがたい(吉田秀野)
カレンダー老い独りにもどっと来る(勝部ミツ)
縄のれん亡き友偲ぶ酒の味(吉野温人)
冬木立春を待ってる芽を抱き(井山節)
来る年の平和を祈る除夜の鐘(狩野美恵子)
好きな酒も元気でないと旨くない(講師:昌子萬吉)

赤ちゃん広場開催について
○日時 平成18年3月16日(木) 午前10時〜11時
○ところ サン・エールたまゆ
○対象 乳児(生後3〜12ヶ月の方)
○内容 身体計測 育児相談 ワンポイントアドバイスなど

二種混合予防接種について
 小学校6年生の方を中心にお勧めしている二種混合(ジフテリア・破傷風)予防接種は今年度は集団接種ではなく個別接種で実施しています。すでにお配りしています案内をご覧の上、3月31日までに接種を受けましょう。
 予診票などの再発行は支所で受け付けています。

「麻しん・風しん」予防接種について
 平成18年4月1日からお子様を対象とする「麻しん・風しん」予防接種は混合ワクチンによる2回接種になります。
 現在対象年齢でまだ接種をうけておられない方は平成18年3月31日までは従来の方法での接種ができますので、かかりつけ医の方へご相談ください。

玉湯障害者共同作業所"ひだまり"からボランティア募集!
通所者とともに作業をしてくださる方、オリジナル製品の作成にご協力いただける方、お待ちしています。
【連絡先 電話62−2550】

幼児のフッ素塗布・歯科教室開催について
○日時 平成18年3月1日(水) 午前9時30分〜午後2時
○ところ サン・エールたまゆ
○対象 平成14・15年生まれの方
○内容 歯科健診・ブラッシング個別指導・フッ素塗布



平成17年度3月の予定分(“リラックスヨガ教室”及び健康のための運動教室“ストレッチ”の日程)
玉湯支所健康福祉課では、下記の日程で2種類の運動教室を開催します。
 心地よい汗を流して、リフレッシュしてみませんか。皆様のお出かけをお待ちしています。
★リラックスヨガ教室…ゆっくりとしたヨガで心と体をほぐします。
リラックスヨガ平成18年3月2日(木)
★ストレッチ…椅子に座ってゆっくり体を伸ばす体操(ごく軽い運動)
ストレッチ平成18年3月15日(水)
★時間  午前10:00〜11:30(受付午前9:45〜)
★場所  サン・エールたまゆ内トレーニングルーム
★対象者  20歳以上の方(男女を問わず)
★その他  もってくるもの…運動のできる服装、室内用の運動靴、※リラックスヨガ教室はバスタオルも
 
【お問合せ先】健康福祉課



つどいの広場
 ぽかぽか春がもうそこまでやって来たかと思うとまた冬の寒さに逆戻りを繰り返しながらも、少しずつ少しずつ着実に春に近づいていく3月を迎えました。
 昨年の4月に初めてつどいの広場にやってきた時には、まだ這い這いしか出来なかった子ども達も今では、走り回ったり、高いところから飛んだり等など1年間の成長には目をみはるものがあります。また、身体的な面ばかりではなく、言葉も多くなったりお母さんと一緒でないと遊べなかったのが、友だちの中に入ってお母さんから離れてでも遊べるようになったりと1日1日の積み重ねの大切さを痛感している今日この頃です。
 3月は下記のような行事を計画しています。 皆さんお誘いあわせお出かけください。 お待ちしています。

3月の行事計画
・3月 2日(木):おやこでおいしく 〜健康まつえ21玉湯地区語る会〜 10 : 30〜
・3月 8日(水):絵本読みお話の時間 10:30〜
・3月10日(金):ひなまつり 10:00〜
準備の都合上予約が必要ですのでつどいの広場の掲示板か電話(55−5791)でご確認ください。
・3月17日(金):親子リズム教室 10:00〜
・3月23日(木):親子エアロビ教室 10:30〜



3月の行事予定拡大版へジャンプ
↑画像をクリックすると拡大表示します。



2年連続島根県大会準優勝玉湯SC!  1月21日、22日の両日第17回島根県ユースサッカーU-11(小学五年生以下)交流大会が出雲ドームで開催され、玉湯サッカークラブ・ジュニア(玉湯SC)は昨年に続き準優勝しました。
 初日は県内地区予選を勝ち抜いた12チームが4リーグに分かれ、予選リーグを行い、2日目は玉湯(松江支部第一代表)、八束(松江支部第二代表)、津田(松江支部第三代表)、大社(出雲支部第一代表)の予選リーグ1位による4チームでリーグ戦を行いました。強豪揃いのリーグで2勝1分となり、八束と勝ち点、得失点差が並び総得点で2点及ばず、惜しくも準優勝でした。優勝は逃しましたが、子供達は大きく成長した大会でした。

★結果★
予選リーグAグループ
玉湯SC1―1高松SC
7―1吉田南FC
一位リーグ 
玉湯SC2―2八束SSS
5―0津田FC
2―0大社SSC
優勝八束SSS
準優勝玉湯SC
3位大社SSC



講演と落語で人権について学ぶ
玉湯町人権を考える集い  子どもから大人まで人権について理解と認識を深めるため「玉湯町人権を考える集い」が2月4日(土)、玉湯中学校体育館で開催されました。同日に玉湯中学校の人権教育公開授業もあり、中学生とその保護者のほか多数の住民のみなさんの参加がありました。
 講師に落語家で桂三枝さんの弟子の桂三風さんを迎え、「平等な世界とは、痛みの分かる人間になろう」と題して講演を行いました。講演の中で桂さんは、マニュアル通りに物事を進めるよりも、相手のことを考え、やさしさをもって臨機応変に対応することが大切だということを身近な例を挙げて説明されました。参加者は、ユーモアを交えたお話に笑いながら聞き入っていました。
 最後に「たのしいうそつき」をテーマにした落語と、「テレビショッピング」を題材にした現代落語を披露されました。

| 市報松江3月号目次 |