| 市報松江7月号目次 |
市報松江 2006.7
情報ひろば
お知らせ
募 集講習・教室

『国民年金保険料免除制度』が変わります
福祉医療証(資格証)交付申請
7月は"社会を明るくする運動"
"青少年の非行問題に取り組む"全国強調月間です
定期の麻しん・風しん予防接種の改正
コイヘルペスウイルス病は人には感染しません
家庭でできる食中毒予防
地上デジタル放送によるアナログテレビ受信障害
縦覧 都市計画道路の事業計画の変更
今月(7月)は…納付月です。
日曜納税相談所の開設
人権相談所開設
住宅移転に補助制度 -がけ地近接等危険住宅-
有害鳥獣被害対策事業補助金
農業振興地域整備計画の見直し
新たな農業地域振興対策
木造住宅耐震診断士派遣制度
はかりの検査
保育サービス
しまね子育て応援パスポート「こっころ」のサービス開始
市民相談(無料)
新しい本が入りました
男女共同参画 一口メモ

 
『国民年金保険料免除制度』が変わります  保険年金課 TEL55−5263

 国民年金保険料免除制度は、保険料を納めるのが困難な場合に、前年の所得状況等に応じて保険料の全額または一部の納付が免除される制度です。従来からあった全額・半額免除制度に加え、7月から4分の3免除、4分の1免除の制度が創設されました。この制度を利用するには申請手続きが必要です。(本人・配偶者・世帯主の前年の所得が一定基準以下であること)
このほかに若年者納付猶予制度(20代の人が対象)がありますので、国民年金保険料納付にお困りの場合はご相談ください。希望する人は年金手帳と印鑑をお持ちのうえ保険年金課まで。


福祉医療証(資格証)交付申請  保健福祉課 TEL55−5326

 福祉医療費助成制度は、7月1日から、平成17年中の所得で医療証(資格証)交付の可否を判定します。現在、所得制限のため医療証の交付を受けていない人も、7月からは医療証の交付を受けることができる場合がありますので、ご検討のうえ申請してください。


7月は社会を明るくする運動∞青少年の非行問題に取り組む
全国強調月間です
保健福祉課 TEL55−5319
 社会を明るくする運動は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深めそれぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。市では、関係機関・団体等の積極的な参加・協力を得て、各地域で運動を展開します。また、運動の一環として、市内各中学校の生徒の皆さんから標語を募集し、次の優秀作品を選考しました。
松江市長賞
  『あいさつは 笑顔になれる エネルギー』 第二中学校2年 勝部 望美さん
松江保護観察所長賞
  『誘惑に 「いやだ」と言える その勇気』 本庄中学校2年 木村 紗矢香さん
松江市教育委員会教育長賞
  『子供を守るは大人の目、非行をなくすは自分の目』 美保関中学校3年 井上  美穂さん
松江地区保護司会長賞
  『忘れないで あなたを見守る人がいる』 鹿島中学校3年 桑原 秀樹さん
※優秀作品は、市内各所での啓発活動に活用します。
青少年支援課 TEL24−7602
 次代を担う青少年が健やかに育つことは、市民だれもの願いです。青少年の非行防止と支援について理解を深め、また青少年が有害環境に誘惑されることなく自らを大切にする心を育むよう、取り組みましょう。
相談受付 松江市青少年支援センター 市民活動センター3階(スティックビル)
月〜土曜日(祝日を除く)9時〜17時
電話相談 TEL 0800‐200‐2700(無料)
面接相談 なるべく予約してください。

定期の麻しん・風しん予防接種の改正  健康推進課 TEL60−8155

対象者
 【第1期】生後12月〜24月未満
 【第2期】幼稚園・保育園の年長にあたる幼児

(平成18年度対象者は平成12年4月2日〜平成13年4月1日生の人)
回数 各1回
予防接種法施行令の変更
 ○「麻しん・風しん二種混合ワクチン」に加え「麻しんワクチン」「風しんワクチン」による接種も可能になりました。(麻しん・風しんどちらかにかかったことがある人は、もう一方のワクチンを接種できます。)
 ○3月31日以前に麻しん予防接種・風しん予防接種を受けた人も、麻しん・風しん予防接種を受けることができます。
 ※今年度第2期対象者で接種がまだの人にはご案内文書を郵送しました。届いていない人は健康推進課にご連絡ください。

コイヘルペスウイルス病は人には感染しません  水産振興課 TEL55−5636

コイヘルペスウイルス病とは

 コイヘルペスウイルス(KHV)と呼ばれるウイルスが原因となり、コイ(マゴイ、ニシキゴイ)がこの病気にかかります。コイ特有の病気で他の魚や水産動物には感染しません。
 感染しただけでは症状は出ませんが、発病すると動きがにぶり、餌を食べなくなることで弱って死んでいきます。水温18℃〜25℃でもっとも発病しやすく、この病気にかかったコイからほかのコイへ感染します。
 このウイルスは人に感染することはありません。仮に感染したコイを食べても人体に影響はありません。
 県や市では病気の発生とまん延防止に取り組んでいます。次の取り組みにご協力ください。
死んだコイを見つけたら、極力回収して、市指定の燃えるゴミの袋に入れ、生ゴミとして出すか、土中に埋めて処分してください。
川や池などにコイを放流しないでください。
死んだり弱ったりしたコイを川や池などに捨てないでください。
釣りなどで捕獲したコイを別の水域に放流しないでください。
入手経路が不明なコイを譲ったり、もらったりしないでください。
異常ゴイを見つけたら移動せずに連絡してください。
問い合わせ
水産振興課または島根県松江水産事務所(TEL32‐5703)
島根県水産技術センター内水面浅海部(TEL0853‐63‐5101)
島根県農林水産部水産課(TEL22‐5323)

家庭でできる食中毒予防  健康推進課 TEL60−8155

 夏は暑さから食欲不振になったり、長期の休みにより生活習慣が乱れたりと体調を崩しがちな季節です。そのため、食中毒やプール熱などの感染症にもかかりやすくなります。予防の原則を守って食中毒などの感染症予防に心がけましょう。

食中毒予防三原則
(1)原因菌をつけない (2)原因菌を増やさない (3)食中毒の原因菌を殺すこと
買うとき
▼生鮮食品は新鮮なものを購入し、賞味期限などの表示をよく確認する。
▼購入後肉や魚などは水漏れしないようにビニール袋などで分ける。
▼冷蔵、冷凍が必要な食品は、なるべく買い物の最後に買う。
保存するとき
▼早めに使い切る。
▼冷蔵庫など詰めすぎず、7割程度を目安にする。
調理の下準備のとき
▼調理前に必ず手を洗う。
▼肉や魚などを切った後の調理器具は洗浄し熱湯で消毒する。
▼冷凍食品などは使う分だけ解凍する。
調理するとき
▼加熱調理は中心部まで75℃1分間以上。
▼長時間の室温放置を避ける。
食事のとき
▼食べる前も必ず手を洗う。
▼清潔な食器を使う
残った食品
▼残った食品は、早く冷えるように浅い容器に小分けする。
▼温めなおすときも75℃1分間以上。
▼時間のたち過ぎた食品は思い切って捨てる。

地上デジタル放送によるアナログテレビ受信障害
総務省指定 鳥取・島根地域 受信対策センター フリーダイヤル TEL0120-312-665

 8月から地上デジタル放送の試験電波が発信されます。ただし、テスト放送のため当面デジタル放送の映像は見えません。
 これに伴い一部のご家庭で、テレビの「画面がザラザラ」になる症状が現れる場合があります。その場合は、受信対策センターにお問い合わせください。


縦覧 都市計画道路の事業計画の変更  市街地整備課 TEL55−5526

 都市計画道路7・6・4号鉄道南沿線の事業計画図書を縦覧しています。(土・日曜日・祝日を除く平常の勤務時間中)
縦覧場所 市街地整備課(別館2階)


今月(7月)は次の負担金および
分担金の納付月です。

○八雲地区(旧八雲村)
  ・公設浄化槽受益者分担金
○宍道地区(旧宍道町)
  ・公共下水道事業受益者負担金

 納入通知書により、納期限までに取扱金融機関で
払い込みをしてください。
※口座振替制度も設けていますのでご利用ください。

納期限は731日(月)です。
(口座振替の方も7月31日が引落日です。)
下水道業務課      TEL55-5392
八雲支所建設管理課  TEL55-5768
宍道支所建設管理課  TEL55-5808

日曜納税相談所の開設  税務管理課 TEL55−5144

 市税に滞納があり、平日昼間は仕事などで相談に来られない人のため、日曜納税相談所を開設します。なお、当日は納付も受け付けます。

日時 7月9日(日) 9時〜17時
場所 税務管理課 市役所2階(21番窓口)
※今年度は年6回(7月、8月、10月、11月、1月、2月)を予定。


人権相談所開設  松江人権擁護委員協議会 TEL32−4260

 7月は次の日時で人権擁護委員による人権相談所を開設します。

秋鹿公民館 7月13日(木) 13時〜16時
八束会館 7月13日(木) 13時〜16時
乃木公民館 7月27日(木) 13時〜16時


住宅移転に補助制度−がけ地近接等危険住宅−  建築指導課 TEL55−5342

 集中豪雨などによるがけ崩れのため、がけに近接した住宅が倒壊して生命や財産を失う事例があります。このような危険住宅を早く安全な場所に移転するために、補助金を交付する制度があります。
 該当する危険住宅は昭和35年10月4日以前に建築された建物で、がけ地の崩壊などの危険が著しいため、建築を制限している敷地内にある住宅です。

補助金の内容
(1)危険住宅の撤去費と移転費用は、1戸当たり補助限度が78万円
(2)移転先住宅建設助成は、住宅の建設か購入に要する資金を金融機関から借り入れた場合の利子補助(8.5%以内)で、1戸当たり補助限度は708万円。土地の取得(造成を含む)を要しない場合は444万円。
※なお、この限度額は、平成17年度における額ですので、実際の補助金の額と異なる場合があります。


有害鳥獣被害対策事業補助金  農林課 TEL55−5233

 農家が設置される、イノシシやヌートリアなどによる農作物の被害防止の柵などの施設にかかる経費について、補助金の交付を受けることができます。

補助金額

新規に設置された柵などに要する費用の2分の1。中古および農家保有資材で柵など設置された場合、防護柵1メートル当り50円、網・電柵1メートル当り20円。
申請受付 7月3日(月)〜31日(月)
申請手続
農林課または各支所地域振興課まで。補助金交付要望が多数の場合、設置物すべてに補助できないことがあります。

農業振興地域整備計画の見直し  介護保険課 TEL55−5303

 農業振興地域の整備に関する法律により、年度内に、まとまりがあり農業生産に不可欠な区域を優良農地として定める予定です。現段階の素案(図面)を7月18日(火)まで農業企画課と各支所で閲覧できます。ご意見などは、7月25日(火)までに備え付けの書式で農業企画課または各支所に提出してください。


新たな農業地域振興対策  農業企画課 TEL55−5222

 平成19年度から、地域の農地・水・農村環境の保全向上を目的とする国の事業が開始予定で、市も取り組みを支援します。内容をホームページに掲載中。各地域でご検討ください。


木造住宅耐震診断士派遣制度  建築指導課 TEL55−5342

 木造住宅の地震に対する安全性の向上のため、耐震診断を希望される建物の所有者などに対し専門知識を持つ診断士を派遣し、その診断にかかる費用の一部を補助します。

対象建物 [(1)〜(3)のいずれにも該当するもの]
 (1)昭和56年5月31日以前に建築された一戸建てまたは長屋建てで、居住部分を有するもの。(昭和56年5月31日以降に増築等建築行為があるものは、対象とならない場合もありますのでお問い合わせください。)
 (2)国、地方公共団体その他公的団体が所有する以外のもの。
 (3)地上階数が2以下のもの。


はかりの検査  商工課 TEL55−5208

 商取引や証明用のはかり(計量器)は、計量法に基づき2年に1回行われる定期検査を受けて使うことになっています。
 島根県によるこの定期検査が今年は9月および10月に市内各所で実施されます。
 前回平成16年度に受検された事業所については、直接市から通知をしますが、2年前に受検していない事業所については本年の定期検査を受検する必要がありますので、7月末までに商工課、またはもよりの各支所地域振興課まで連絡してください。
 なお、定期検査を受けずに、計量器を使うと罰せられることがありますので、該当の事業所は、必ずご連絡ください。


保育サービス  子育て課 TEL55−5312

一時保育(月14日以内 就学前の児童が対象)
非定型的保育

保護者の就労等により家庭での保育が困難な児童が対象(週3日が限度)
緊急保育
保護者の傷病、入院等により緊急に一時保育を必要とする児童が対象。
私的理由保育
育児に伴う保護者の心理的・肉体的負担解消のため保育が必要な児童が対象。
※詳しくは各施設へお問い合わせください。

一時保育利用料(備考欄に記載のない施設は概ね下表のとおりですが、詳細は実施施設にご確認ください。)
 4時間以内4時間超過給食費
3歳未満児800円(850円)1,600円(1,700円)300円
3歳以上児650円(700円)1,300円(1,400円)
※( )内は松江市外在住世帯
一時保育実施施設(ご希望の方は、下記の保育所(園)へ直接お申し込みください。)
地区 保育所(園)名 電話番号 保育時間 対象年齢 備 考
平 日土曜日

 
本庄 本庄保育所 34-0524 8:30〜17:30 8:30〜12:30 生後8月〜  
法吉 比津ケ丘保育園 26-2025 8:00〜18:00 8:00〜13:00 生後57日目〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
みずうみ保育園 24-2525 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
みずうみ第2保育園 31-5545 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
みのり保育所 36-5528 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後6月〜  
城西 しらとり保育所 21-5181 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才6月〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
※4時間以内利用料3歳以上児700円(750円)
城東 しらゆり千鳥保育園 21-3440 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後6月〜  
たまち保育園 26-5454 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才〜  
川津 たまち育英北保育園 25-7345 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後6月〜  
古江 ふたば保育所 36-6742 8:30〜17:30 8:30〜12:30 生後8月〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
島根 マリン保育所 85-2064 8:30〜17:30 8:30〜12:30 生後10月〜  
美保関 美保関西保育所 75-0534 8:30〜16:30 8:30〜12:30 生後8月〜  
美保関東保育所 72-9210 8:30〜16:30 8:30〜12:30 生後8月〜  

 
朝日 松江ナザレン保育園 23-1215 8:30〜17:30 8:30〜12:30 1才6月〜  
松江保育所 21-4248 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才〜  
雑賀 松尾保育所 21-5087 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後6月〜  
みつき保育園 31-2222 8:00〜18:00 8:00〜18:00 生後8月〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
みどり保育所 22-2218 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
津田 愛恵保育園 22-2921 8:30〜17:30 8:30〜12:30 1才〜 H18年10月開始予定
虹の子保育園 21-5126 8:30〜17:00 8:30〜13:00 生後4月〜 ※乳児の受入は3名まで
古志原 こばと保育園 26-7161 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才〜 ※4時間以内利用料 3歳以上児 700円(750円)
竹矢 しらゆり第3保育園 26-2356 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後6月〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(70円)のみ
わかたけ保育園 37-0200 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後8月〜  
乃木 乃木保育所 21-9560 8:30〜17:30 8:30〜13:00 1才〜  
袖師保育所 24-6728 8:15〜17:45 8:15〜13:00 生後57日目〜  
みつき田和山保育園 21-0707 8:00〜18:00 8:00〜18:00 生後8月〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
つわぶき保育園 60-1818 8:30〜17:30 8:30〜17:30 生後43日目〜  
大庭 しらゆり保育園 22-3803 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後43日目〜 ※給食費は弁当日には おやつ代(70円)のみ
八雲 たけかや保育園 54-1502 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後8月〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
ひよし保育園 54-1128 8:30〜17:30 8:30〜13:00 生後40日目〜 ※給食費は弁当日にはおやつ代(100円)のみ
宍道 宍道保育所 66-0144 8:30〜17:30 8:30〜12:30 生後10月〜  

※就学前までの児童が対象です

しまね子育て応援パスポート「こっころ」のサービス開始
保健福祉課 TEL55−5302

 しまね子育て応援パスポートを、県内の協賛店(ステッカーが貼ってあります)で提示すると、割引やポイントアップなどいろいろなサービスを受けることができます。

対象 妊娠中の人および18歳未満の子どもがいる世帯
申請受付開始 7月3日(月)
サービス開始 7月7日(金)
申込み

パスポートの交付を希望される人は、保健福祉課または各支所健康福祉課で申請してください。


市民相談(無料)

 市民活動推進課 市民相談係 TEL55-5129

会場:松江市役所市民活動推進課(別館1階)
相談名相談日・時間
くらしの相談
消費生活相談
毎週月曜日〜金曜日9:00〜16:00
法律相談(予約制)
毎週火曜日 13:15〜16:15
行政相談
7/12・7/26 13:00〜16:00
登記相談
7/6・7/20 13:00〜16:00
人権相談
7/5・7/19 13:00〜16:00
行政手続相談
7/27 13:00〜16:00

毎月1日、20日はノーマイカーデー
交通渋滞の緩和と環境保護、公共交通の利用促進にご協力下さい。
(注) ・各種相談は松江市民ならどなたでも受けることができます。
・法律相談は予約制です。予約状況は電話等で確認してください。
・法律相談はより多くの皆さんに相談を受けていただくため、原則1人年1回としています。


新しい本が入りました  市立図書館 TEL27−3220 催し物案内

  [ 松江市総合文化センタープラバホール 新着図書のページへ ]


男女共同参画 一口メモ
昨年の市民意識調査で、社会全体で見た男女の地位について「男性が優遇されている」と感じていた市民の割合は何%?
79.4%でした。
(内訳:「男性が非常に優遇」8.3%、「どちらかといえば男性が優遇」71.1%)

情報ひろば [お知らせ]

| 市報松江7月号目次 |