| 市報松江8月号目次 |
真夏の夜空に浮かび上がる大輪!松江水郷祭が8月3日、4日の日程で開催されます。今年は2015年以来、2日間の日程で花火が宍道湖上を彩ります。土曜日は大迫力の一万発、日曜日は三千発ながら全国各地の花火大会で打ち上げられた新作、力作の花火を用意して両日ともに見どころ満載です。

そして例年、花火を見に松江市内外から多くの人が来て、少しでも良い場所で観覧しようと日中から会場周辺はにぎわいます。そこで、ステージイベントや屋台といった催し物で花火までの時間を皆さんに楽しんでいただこうと、さまざまな団体が、夜の花火はもちろんのこと、昼間のにぎわいづくりのため、水郷祭に携わっています。

私が所属する(公社)松江青年会議所もその団体の一つで、ステージイベントを中心としてさまざまな青年団体、企業と協力して祭りの企画、運営を行っています。地元メディアに協力いただいて開催する、有名アーティストによるライブイベントは市民が楽しみにしているイベントの一つとなっています。

ライブイベント以外では松江青年会議所が水郷祭に併せて行っている少年野球大会の表彰式や盲導犬のPR、地元バンドやダンスチームのパフォーマンスなどがあります。近年では宍道湖畔の環境を守るために、ゴミの出ない祭りを目指してリユース食器の使用推進にも取り組んでいます。

時代の流れと共にニーズも変化していますが、花火を見てきれいだと思う気持ちや、イベントに参加して楽しいと思う気持ちは普遍的だと思います。時代に合わせて内容を工夫し、市民に愛される水郷祭がいつまでも続いていくように努力をしていきたいと思います。

タウンレポーターコラム
| 市報松江8月号目次 |