| 市報松江5月号目次 |
市報松江 2020.5
令和2年度の予算を紹介
まつえのお金の使い道
財政課 電話番号:55-5182
2年度の予算はこちら!
本年度は「松江市まち・ひと・しごと創生《第2次総合戦略》」がスタートします。
第2次総合戦略では「若者、女性がもっと暮らしやすいまち」を重点項目として位置付け、
全市を挙げて分野横断的に取り組む予算としました。
市の1年間のお金の使い道を示した「2年度」予算がまとまりました。
今年は、どのような事業が行われ、私たちの暮らしにどう関わるか、本年度の予算の内容と市の取り組み内容を紹介します。
さぁ、見てみよう!
一般会計
1,002億円
福祉や道路整備、教育など市の基本的な事業の会計
特別会計
467億円
国民健康保険など、一般会計と区別が必要な会計
企業会計
413億円
水道や病院など
一般会計予算の内訳(対前年度比0.0%)
歳入
[収入]
市税
(287億円28.7%)
市民税、固定資産税など
国・県支出金
(262億円26.1%)
国・県からの負担金や補助金など
地方交付税
(206億円20.6%)
地方自治体間の収入の格差を調整するために国から交付されるお金
市債
(89億円8.9%)
借入金
諸収入
(33億円3.3%)
貸付金元利収入など他の科目に含まれないもの
その他
(125億円12.4%)
譲与税、交付金、証明発行手数料など 歳出
[支出]
民生費(369億円36.8%)
高齢者や障がいのある人、子どもたちへの支援の経費
教育費(126億円12.6%)
学校教育、社会教育、文化・スポーツ振興などの経費
公債費(119億円11.9%)
地方債(市債)の元金や利子を支払うための経費
総務費(101億円10.1%)
庁舎や財産の維持管理、戸籍管理、税金の徴収などの経費
衛生費(98億円9.8%)
環境保全、疾病予防、健康増進などの経費
土木費(92億円9.2%)
道路や河川、公園の整備などの経費
その他(97億円9.6%)
消防、議会、農林水産業などの経費
特別会計について区分と予算額、対前年度比です。
国民健康保険事業	191億円	▲3.1%
宍道国民健康保険診療施設事業	2億円	▲3.0%
後期高齢者医療保険事業	53億円	12.1%
介護保険事業	219億円	2.1%
母子父子寡婦福祉資金貸付事業	1億円	2.8%
その他 3事業	1億円	― %
計	467億円	0.9% 公営企業会計についての区分と予算額、対前年度比です。
水道事業	99億円	▲5.6%
下水道事業	146億円	0.3%
ガス事業	22億円	1.1%
交通事業	13億円	▲2.6%
病院事業	133億円	1.3%
計	413億円	▲0.9%
2年度の主な取り組み ~「第2次総合戦略」スタート~
■「守り、育て、生かし、つなぐ」まちづくり
「健康都市まつえ」宣言
10周年記念事業費	187万円
子育てAIコンシェルジュ事業費	465万円
子ども医療費助成
(中学生の入院医療費に拡大)	8億3,836万円
ICT活用教育推進事業費	2億8,665万円
玉湯統合小学校・幼稚園・児童クラブ整備事業費	28億2,503万円
女子高魅力化事業費	504万円
失語症者向け意思疎通支援者
養成事業費	357万円
孤立対策事業	202万円
松江城愛護活動支援事業費	80万円
国宝松江城天守耐震対策事業費
国宝松江城天守防災施設等整備事業費	3,487万円 ■松江の魅力を国内外へ伝える
松江城天守国宝指定
5周年記念事業費	9,267万円
松江スマート農業推進事業費	125万円
■中海・宍道湖・大山圏域の更なる連携
関係人口創出事業費	1,267万円
■安心・安全なまちづくり
子どもたちが遊びたくなる
公園づくり事業費
子どもたちを守る
交通安全対策事業費	2億982万円
白潟地区都市構造再編
集中支援事業費
水辺の利活用促進事業費	1,641万円
新庁舎整備事業費	4億4,942万円
防災対策関連事業	800万円
道路・河川整備事業	29億2,097万円
北消防署北部分署整備事業費	3億7,857万円
詳しくは ホームページ 松江市 予算 で検索
↑ページトップ
| 市報松江5月号目次 |