| 市報松江7月号目次 |

「夢を実現できる松江・市民が誇れる松江」の創造に向かって

政策の屋台骨「5本の柱」
1. どだいづくり
市民に寄り添う市政
情報発信の強化、市民との対話の充実
デジタル社会の実現による市民サービスの向上
オンライン手続きによる利便性の向上
移動の利便性の向上
使いやすい交通手段の検討
安心・安全なまちの実現
土砂災害などの防止対策、「地域防災力」の強化
再生可能エネルギーの普及促進
太陽光発電導入・蓄電池開発の支援
島根県、中海・宍道湖・大山圏域、産官学金の連携の強化
地方都市の共通課題を解決
中海・宍道湖・大山圏域市長会の写真
2. ひとづくり
地域の将来を担う子どもたちの育成
個性を伸ばす教育のための少人数学級の維持、情報活用教育の推進
市民が支え合う「共生社会」の実現
市民の得意分野と仕事とのマッチング
子育て環境の充実
保育所・児童クラブの待機児童の解消
電子黒板の活用の写真
3. しごとづくり
アフターコロナ時代に向けた地元企業の成長戦略の支援
サプライチェーンの再構築、需要を捉えた業務転換などの支援
地方産業創生の成功モデルの構築
Rubyを起点とする産業集積、人材育成
働きやすく暮らしやすい環境の整備
「イクボス宣言」によるワークライフバランスの浸透、
女性の就業・起業チャレンジの支援
中学校でのRuby授業の写真
4. まちづくり
都市機能の強化、中心市街地の賑わい再生、水辺空間の整備
空き家・空き店舗を活用した伝統工芸職人の集まる
「職人商店街」の形成
魅力的な観光の創造と提供
「体験型・時間消費型」の観光をプロデュース
水辺での賑わい(ミズベリング縁日)の写真
5. こころづくり
子どもたちの視野の涵養(かんよう)
ふるさと教育、海外文化とふれあう機会の充実
ふるさとへの愛着・一体感を生む「心の豊かさ」の醸成
「松江に暮らしたい」「松江のために貢献したい」という意識を育む
(注釈:涵養とは)水が自然に染み込むように、ゆっくりと養い育てること
松江城でのふるさと教育の写真
詳細は市ホームページ「WEB市長室」をご覧ください。 WEB市長室(松江市HP)
[1page / 2page]
↑ページトップ
| 市報松江7月号目次 |