| 市報松江8月号目次 |
市報松江 2021.8
information お知らせ

公共施設適正化計画進捗状況

市は、公共施設の数や規模を統合や譲渡、廃止などの手法により、適正にする「松江市公共施設適正化計画」を平成28年3月に策定しました。
この計画は、適正化の対象となる施設を追加するなど、毎年内容を見直し、取り組みを進めていくものです。現在の進捗状況をお知らせします。
松江市公共施設適正化推進イメージキャラクター「未来子」 第1期計画の進捗と2年度の取り組み 計画検討施設数
当初76,平成28年90,平成29年103,平成30年113,令和1年113
適正化済施設数
当初0,平成28年23,平成29年54,平成30年75,令和1年89 2年度に適正化した15施設
貸付:布志名漁業用集荷施設、森山地区公民館
統合:玉湯小学校、玉湯幼稚園、玉湯児童クラブ、
大谷小学校、大谷幼稚園、東出雲ふれあい会館、
意東公民館、上意東公民館、出雲郷公民館
休止:星上山スターパーク、美保関東ふれあいプラザ
機能移転:旧浩生寮(松南第1地域包括支援センター)、八雲郷土文化保存伝習施設

計画検討施設数 113施設
適正化済施設数 104施設 第2期計画検討対象施設(3~7年)
第2期計画検討対象62施設に、第1期からの継続検討対象9施設を合わせた計71施設について、関係者と協議を進めながら最終的な判断をしていきます。
今後も、「将来にわたり持続可能なまち」を目指し、公共施設の適正化に精力的に取り組みます。
詳しくは HP 松江市 公共施設適正化 で検索
| 市報松江8月号目次 |