| 市報松江2月号目次 |
12月2日 12月20日 新たに観光大使を委嘱
12月2日に歌手の京太郎さん、20日に舞踊家の花柳琴臣はなやぎことおみさんへ観光大使を委嘱しました。京太郎さんは松江市をテーマにした楽曲をリリースしています。花柳さんは美保神社で舞踊奉納をしていただきました。今後、2人には松江市の観光PRにご協力いただきます。
12月20日 「松江赤十字病院と松江市立病院の基本協定」締結
松江赤十字病院と松江市立病院が、相互に連携を図ることを目的とした協定を締結しました。これにより、患者の紹介や担当医師の調整、また医療機器の共同利用など、2つの病院の医療資源を最大限に活用することとなります。高度な医療資源を持つ病院間で協定を結ぶことは、全国的にも珍しい取り組みです。
松江市ホームページ
http://www.city.matsue.shimane.jp/

防災メールに登録しましょう。
空メールを送ってください。
m-matsue-city@xpressmail.jp
松江まちかどダイアリー
多孔質ガラス脱臭装置の写真
12月0日 SDGsに貢献する企業へ 市長訪問
市長が、株式会社ミライエ(矢田町、島田義久社長)を訪問しました。株式会社ミライエは堆肥化装置などリサイクル設備の開発・販売を手掛けています。
 同社の持つ太陽光発電の廃パネルを脱臭装置に利用する技術、バイオマス発電の効率性を高める技術は、再生可能エネルギーの普及につながるとして大手企業に高く評価され、業務提携や投資を受けることにつながりました。国際目標のSDGs(持続可能な開発目標)達成に直結する独自の技術は、海外の市場を獲得する可能性を秘めています。
 市では、株式会社ミライエのように革新的な技術やサービスでSDGsにも取り組む起業家や地元企業の挑戦を応援します。現在、産官学金の関係機関がノウハウを提供しあいながら地域全体で伴走支援する「MATSUE起業エコシステム」の形成にも取り組んでいるところです。
 皆さんの挑戦を全力で支援し、SDGsの達成、経済の活性化、市民生活の充実を実現します。
↑ページトップ
松江市ホームページ 防災メール
| 市報松江2月号目次 |