| 市報松江2月号目次 |
UNITE as ONE 島根スサノオマジック 松江市に本拠地を置くプロバスケットボールチーム「島根スサノオマジック」。
新しいヘッドコーチや東京オリンピックにも出場した代表選手を新戦力として加え、
10月に開幕した2021–2022シーズンでは西地区3位(11チーム中、1月6日現在)と
快進撃を続けています。今季のチームスローガンは「UNITE as ONE(一致団結)」。
チームと地域が一丸となって戦いましょう!GO!GO!マジック!!
©SHIMANE SUSANOO MAGIC
Paul Henare
ポール・ヘナレ ヘッドコーチ
1979年3月4日生まれ ニュージーランド出身
近年の経歴 ニュージーランド代表ヘッドコーチ(2015年から2019まで) → 香川ファイブアローズヘッドコーチ〈B2〉(2019年から2021年まで)→ 島根スサノオマジックヘッドコーチ(2021年から)

松江市の印象は
松江に来て数か月、快適に過ごしています。レストランなどは少ないですが良いお店を何店か見つけました。
基本的に暮らしやすいです。寒くなり雪がたくさん降ってびっくりしましたが、雪道の運転も楽しめました。

残りのシーズンに向けて
シーズンは半分終わりましたが、まだまだ長いシーズンだと思っています。あまり遠くを見すぎると自分たちの目的である良いバスケットボール、
強いバスケットボールからブレてしまいますので、まずは目の前の試合を1試合1試合大切にして、毎回良い状態で試合ができるよう後半のシーズンを過ごしていきたいです。
[1page / 2page]
↑ページトップ
| 市報松江2月号目次 |