| 市報松江2月号目次 |
ニューアートな舞台公演
「KaTaCHI 破の章」 中止します
松江怪喜宴7
延期します
まいぶんTIME Vol.5
橋南地域の遺跡や出土品を中心に、市の埋蔵文化財を紹介します。
古墳時代のシンボル!「青銅鏡」
東出雲町にある寺床1号墳からは、木の棺の中から青銅でできた鏡が見つかりました。鏡の裏面には神様と動物の絵、まじないの言葉が描かれています。
鏡は姿を写す以外にも、副葬品や捧げものとしても使用され、ひとつの古墳から数十枚もの鏡が出土することもあります。まさに古墳時代のシンボルですね!

鏡は勾玉や剣とともに
「三種の神器」とも呼ばれる、
とっても貴重なモノなんだ!
寺床1号墳の鏡は島根県立八雲立つ風土記の丘で見学することができます。
八雲立つ風土記の丘ホームページ https://www.yakumotatu-fudokinooka.jp/ 八雲立つ風土記の丘ホームページ 寺床1号墳から出土した鏡の写真
埋蔵文化財調査室 電話:0852-55-5284
| 市報松江2月号目次 |