社協だより 1月号
第4回 いつまでも元気に暮らそう!
〜地域支援事業の利用者の感想〜

 地域支援事業とは、下肢機能(歩行・立ち上がり)や口腔機能(かむ力・飲み込む力)などの生活機能低下を、早い段階で発見して改善・悪化防止を図り、介護状態を予防し健康で生き生きとした生活を送ることを目指すきっかけ作りの事業です。介護予防教室に週1回程度、3ヶ月の間利用できます。
 介護保険の認定を受けていない65歳以上の方で、基本健康診査等で「松江市版基本チェックリスト」を記入し、国が定めた選定基準による生活機能低下のおそれがある状態に該当する方が対象です。
 今年度から、対象となられた皆様の声により栄養教室、口腔教室や出かけやすい場所での運動の出前教室も始まりました。
  photo

☆八雲社会福祉センターにて☆

身近な会場での運動教室に参加されている皆さんの感想
 「ここで皆さんと知り合って、笑ったり、運動したり健康にいいです。」「皆さんと一緒に、ここに出るだけでも楽しい。」「運動をした後の、ちょっとの疲労感が適度で心地いい。」「3ヶ月はあっという間。楽しいよ。もっと続けられるといいのに。」「地元での開催で、送迎もあるし、とても参加しやすかった。」

☆食べてまめな教室☆
栄養教室に参加されている方の感想 photo
 あまり食欲が無く食べる量が少なくて、体重が減ってしまいました。11月から始まり、初めて骨密度を測ってもらえ、年相応の標準との結果でとてもうれしかったです。食事の食べ合わせの大切さなど教わりました。2回目は宍道町の大森の湯でありました。市の保健師さんの体操で大笑いしたり、地元の旬の野菜などを使った昼食を食べたり楽しい教室です。栄養士さんに気軽に相談できることがいいです。

☆しんじ湖スポーツクラブ☆
椅子に座った体操に参加された感想
 出かけるまでは飽き性なのでいつまで続くかと思っていましたが、振り返ってみると3ヶ月休み無く通っていました。送迎の時は足台を出してくれるなど職員さんの気配りがありました。退院して1ヶ月後から通い始めましたが体力がついて現在は畑や庭先の手入れなど毎日身体を動かしています。毎週出かける場所がある事は気持ちに張りもできて良かったです。

☆歯つらつ健口教室☆
photo 口腔の教室に参加されている方の感想
 私はお茶など水気のものがむせるので、この教室に参加してみようと思いました。初めて参加するのでとても不安でした。歯医者さんと歯科衛生士さんの問診やお話・嚥下(えんげ)体操など教わっています。和気あいあいとお互いに話しながらの楽しい会です。家でも教えていただいた嚥下(えんげ)体操を食事の前に頑張ってやっています。

☆スワン(グッドエイジ浜乃木)☆
椅子に座った体操に参加された感想
photo  骨折して入院。そろそろ退院という頃に病院の相談室に介護保険の申請のことで相談にいき、地域包括支援センターを紹介されました。退院後すぐにリハビリに行きたいと相談すると、介護予防教室を紹介され、すぐに利用できることも魅力で参加することにしました。教室の職員も親切で運動の機械の使い方など丁寧に教えてもらえ、顔なじみもできました。毎週休まず通い、当初は杖歩行がやっとの状態でしたが、終了する頃は杖無しで歩けるようになりました。現在は家事はもちろん、公民館活動や趣味の外出を楽しんでいます。

☆島根スイミングスクール☆
プールに参加された感想
 まだ、半分位の回数しか通っていませんが、整形外科の先生から「膝の辺りの筋肉がついてきたね、良いことだからこれからも続けて通いなさいね。」と言われました。自分でも膝の痛みが、プールに入った翌々日まで消えているので気持ちいいです。プールはずっと続けていこうと思っています。

問い合わせ・ご相談は?  地区担当の地域包括支援センターにお電話ください!
名  称対 象 地 域電  話
松東地域包括支援センター朝酌・川津・本庄・持田公民館区、島根町、美保関町、八束町24−1810
中央地域包括支援センター城北・城西・城東・白潟・朝日・雑賀公民館区24−6878
松北地域包括支援センター法吉・生馬・古江・秋鹿・大野公民館区、鹿島町82−3160
松南地域包括支援センター竹矢・津田・大庭・古志原公民館区、八雲町54−0568
湖南地域包括支援センター乃木・忌部公民館区、玉湯町、宍道町24−1830