| 市報松江5月号目次 |
市報松江 2009.5
photo 議会だより

2月定例会

 平成21年第2回(2月)定例会は2月25日から3月19日までの会期で開催されました。
 今期定例会では、市長から提案された932億9,500万円の平成21年度松江市一般会計予算をはじめ、松江市地域活性化・生活対策基金条例などを可決しました。
 可決した主なものは次のとおりです。

松江市地域活性化・生活対策基金条例の制定
 国の平成20年度第2次補正予算に盛り込まれた地域活性化・生活対策臨時交付金を活用し、市民の暮らしへの安心と地域の活性化等に資する総合的な施策に充てるための基金を設置するため、条例を制定するもの。
充当予定の事業分野
(1)観光立国の推進・観光誘客対策事業 (2)安全・安心な交通空間を確保する事業 (3)学校等公共施設の耐震化事業 (4)新エネ・省エネの導入など環境対策に係る事業 (5)農山漁村における農産品等の特産品化・ブランド化や農業・漁業基盤の整備事業

松江市定住自立圏構想推進基金条例の制定
 国の平成20年度第2次補正予算に盛り込まれた地域活性化・生活対策臨時交付金の定住自立圏構想推進を目的とした割増部分を財源として積立てるため、条例を制定するもの。
想定される事業分野
(1)定住自立圏共生ビジョン策定 (2)市域を越えたコミュニティバス運行事業 (3)圏域の情報共有化のシステム導入・維持経費 (4)中海市長会の運営費・事業費等

市長等の給与の減額措置を2年間延長
 行財政改革の一環として平成17年10月1日から実施している市長、副市長、収入役、水道・ガス・自動車運送・病院の事業管理者、教育長の給与の減額措置について、引き続き2年間(平成23年3月31日まで)延長するため、市長等の給与の特例に関する条例の一部改正を行うもの。

松江市国民健康保険条例の一部改正
 国民健康保険法施行令が一部改正され、中間所得層の保険料負担が過度とならないよう介護納付金賦課額の基準が見直されたことに伴い、介護保険第2号被保険者(40歳以上65歳未満の国民健康保険加入者)の属する世帯に賦課している介護納付金賦課額に係る賦課限度額を、9万円から10万円に改正するもの。施行期日は平成21年4月1日。

児童クラブの新設
 次の5つの児童クラブの新設に伴い、松江市児童クラブ条例の一部改正を行うもの。
 ▽城西地区第2児童クラブ ▽乃木第3児童クラブ ▽中央第2児童クラブ ▽比津第2児童クラブ ▽美保関児童クラブ

松江市営住宅条例の一部改正
 定住対策として、松江市にUIターンを希望している人が市営住宅へ入居することができるよう、入居資格の条件から「市内に居住しているか、又は市内に勤務先を有すること」を削除するもの。施行期日は平成21年4月1日。

松江市介護保険条例の一部改正
 介護保険料の3年ごとの見直しに伴い、保険料が急激に上昇しないように、松江市介護給付費準備基金の取り崩しとともに、介護従事者の処遇改善による特例交付金を充てて、介護保険料の上昇額を本来の2分の1程度に抑え、平成21年度から平成23年度分の保険料率を定めるもの。施行期日は平成21年4月1日。

平成20年度松江市一般会計補正予算(第6号)
 歳入歳出それぞれ44億5,653万1千円を減額しました。減額の主なものは、決算見込みに伴う事業費の補正など。また増額の主なものは、国の第2次補正予算に伴う▽緊急雇用対策として臨時職員雇用に要する経費▽小学校就学前3学年の第2子以降の児童を対象として支給する子育て応援特別手当に係る給付経費▽安心・安全な出産のため、妊婦健診の公費負担を7回から14回に拡充する経費▽企業立地支援金▽橋りょうの点検調査に要する経費など。
photo
予算特別委員会の様子

平成21年度松江市一般会計予算ほか
 予算特別委員会(議長を除く全ての議員で構成)を設置し、21年度一般会計・特別会計・企業会計予算を審査。うち一般会計は歳入歳出それぞれ932億9,500万円(前年度より1.6%増)の予算が成立しました。
 主な事業は、▽新ごみ処理施設建設事業▽小・中学校整備事業など。詳しくはこちらをご覧ください。

[ 1page / 2page ]
| 市報松江5月号目次 |