| 市報松江5月号目次 |
市報松江 2009.5
photo  地震は油断したときにやってきて、一瞬にして日常を奪ってしまいます。地震から身を守るためには、もしものときに備えて、建物の現状を把握し、家屋の耐震対策をすることが重要です。
 松江市では、家屋の耐震対策を支援するため『診断費補助事業』 『耐震改修事業費補助事業』を引き続き実施します。
 今後の改修・補強計画に、ぜひこの制度をご活用ください。

木造住宅耐震改修事業費補助事業
対象建築物
 次のいずれにも該当する建築物が対象です。(既に工事を着工しているものは除きます。)
昭和56年5月31日以前に建てられた一戸建てまたは長屋建てで、居住部分を有するもの。(昭和56年6月1日以降、増築等建築行為等があるものは対象とならない場合もありますのでお問い合わせください。)
国・地方公共団体、その他の公共団体が所有する建築物以外のもの。
地上2階建て以下のもの。
耐震診断の上部構造評点が1・0未満であるもの。
対象工事改修前の耐震診断の上部構造評点が1.0未満と判定され耐震改修後の上部構造評点が1.0以上となる耐震改修工事。
補助金額耐震改修工事に要する費用(1平方メートル当たり32,600円を限度とする。)の額に0.23を乗じて得た額の3分の2以内の額(上限50万円)。
そ の 他申し込みには、受付期間や耐震改修に関する計画書、見積書などの書類が必要になりますので、事前にお問い合わせください。

木造住宅耐震診断士派遣事業及び診断費補助事業

対象建築物
 次のいずれにも該当する建築物が対象です。
昭和56年5月31日以前に建てられた一戸建てまたは長屋建てで、居住部分を有するもの。(昭和56年6月1日以降、増築等建築行為等があるものは対象とならない場合もありますのでお問い合わせください。)
国・地方公共団体、その他の公共団体が所有する建築物以外のもの。
地上2階建て以下のもの。
診断費30,000円
(うち、20,000円を補助します。自己負担は10,000円となります。)
その他申し込みには、受付期間や書類等必要な場合がありますので、事前にお問い合わせください。
 なお、緊急経済対策補助金として耐震改修工事に伴う住宅改修工事(リフォーム工事)費用の一部(上限70万円)を補助しています。申請受付の締め切りは、平成21年9月30日です。
地震への備えは万全ですか?
木造住宅の耐震化を支援します。
建築指導課 TEL55-5342
| 市報松江5月号目次 |