社協だより 9月号
まつしま先生の『心はみんな生きている』〜 認知症理解のすすめ 〜

『認知症』は、誰でもかかるかもしれない、身近な病気なんですヨ。 皆さんは「認知症」と聞いてどんな状態か説明できるでしょうか?
まずご理解いただきたいのは、認知症は基本的に病気だということです。しかも誰にでも起こりうる病気であるということです。 その一番の中心症状は脳や身体の病気が原因で物事を記憶する能力が障害されることです。
でもそれだけで認知症というわけではなく、記憶の障害に、判断力や理解力の低下、言葉がうまく話せない、手足は動くはずなのに目的にかなった行動ができない、物が何であるかとか人が誰であるかが分からない、といった症状が合わさって社会生活に支障をきたした状態です。
一般的に認知症は高齢者に多く見られ、高齢化社会の進行にともなって現在わが国で約200万人の認知症患者さんがいらっしゃると言われています。
誰にとっても身近な病気であり、社会全体で認知症への理解を深めていくことが望まれています。

著 者:まつしま脳神経内科クリニック 院長 松嶋永治氏
経歴等:医学博士、日本神経学会専門医、日本内科学会認定医
日本脳卒中学会専門医、介護支援専門員
   このコラムに関する文章、写真、イラスト等の著作権は松江市社協またはコラム提供者が所有しています。 これらの情報は、「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で使用・転載することはできません。利用の承諾については松江市社協までお問い合わせください。

だんだん愛フェスタinしまね
〜踊って、踊って、すこやか祭り〜
とき、2009年9月23日(水)
■開場13時から■開演13時30分から16時
ところ、島根県民会館大ホール
入場無料。

◎演題「すべてに愛を」◎講師、かけのあずさ
プロフィール
東京出身。2人の子育てをしながら独学で税理士試験にチャレンジし、1972年合格。
1973年会計事務所を開業。
税理士法人たいよう総合会計事務所会長。

人物診断専門会社(株)たいよう代表取締役。

■主催/だんだん「愛」フェスタ実行委員会
(代表団体/松江地域振興予算ゼロ課:松江市ボランティアセンター内)
連絡先事務局(福田)電話090-1573-0319
平成21年度NHK歳末たすけあい配分事業を募集しています

 共同募金会では、NHK歳末たすけあいの義援金を県内の福祉事業に助成しています。平成21年度からは助成対象を地域福祉推進事業を行う法人・団体に拡大しました。つきましては、下記のとおり募集しますので、「こんな事業をしてみたい!」「地域福祉推進車両を購入したい!」といったことがありましたら是非申請してください。

申請できるのは?
  地域福祉推進事業を行う法人・団体
配分額は?
  (1)地域福祉の推進に要する車両整備:上限75万円(法人格を有する者に限る)
(2)年末年始における行事・交流費 :上限10万円
配分申請書提出先は?
   共同募金会松江市支会(松江市社会福祉協議会内)
配分申請書提出期限は?
   平成21年9月30日(水曜日)
提出書類は?
   NHK歳末たすけあい配分申請書【NHK様式1】
 (配分基準、配分様式は島根県共同募金会
  ホームページからダウンロードできます。)