| 市報松江10月号目次 |
市報松江 2009.10
10月受給分の公的年金から市県民税の引去りが開始されます。
問い合わせ 市民税課 TEL55-5151

 今年の4月1日現在において65歳以上の人で、公的年金の所得に係る市県民税が課税される人については、いよいよ10月受給分の公的年金から、市県民税の引去りが開始されます。
 引去りの対象となる人については、6月中旬に送付した「市県民税納税通知書」の4ページ目に、公的年金からの引去り額を記載(下図を参照)していますので、ご確認ください。
公的年金からの特別徴収について
よくあるご質問
Q1 引去りの対象となる年金とは?
A介護保険料が引去りされている老齢基礎年金や退職年金などが、対象となる年金です。ただし、障害年金や遺族年金などの非課税の年金からは、引去りしないことになっています。

Q2 引去りされる市県民税は?
A 年金からの引去りについては、年金の所得から計算した市県民税のみを引去ることになります。年金以外の給与所得や事業所得などから計算した市県民税は、従来通り、給与からの引去り、または納付書・口座振替での納付となります。

Q3 引去りが中止になるケースは?
A 他の市町村へ転出された場合や、市県民税の税額が途中で変更になった場合、年金が支給停止になった場合などは、引去りが中止となり、納付書・口座振替で納めていただくことになります。

Q4 本人の意思により納付方法の選択が可能か?
A
本人の意思による選択は制度として認められていません。

モデルケース
年金所得のみで計算した市県民税額が6万円の場合
平成21年度(初年度)の納付方法
  納付書または口座振替で納付 年 金 か ら の 引 去 り
6月8月 10月12月2月
税 額 1万5千円1万5千円 1万円1万円1万円
算出方法 1/41/4 1/61/61/6
6月と8月は年税額の1/4ずつをこれまで通りの納付方法で納めていただきます。
10月・12月・2月は年税額の1/6ずつを年金から引去りします。

平成22年度(翌年度以降)の納付方法
  年 金 か ら の 引 去 り
4月6月8月 10月12月2月
税 額 1万円1万円1万円 1万円1万円1万円
算出方法 前年度の2月分と同じ額 22年度の年税額の残り1/3ずつ
4月・6月・8月は、前年度の2月の税額と同額を引去りします。
10月・12月・2月は、年税額から4月・6月・8月の税額を差し引いた残りの税額を引去りします。
| 市報松江10月号目次 |