2009.12 社協だより
まつしま先生の『心はみんな生きている』
〜認知症理解のすすめ〜連載 第4回
認知症は単一の病気でしょうか?答えは×です。認知症の原因となる病気は多種多様ですし、その原因となる病気によって治療方法が違います。中には手術や薬で症状がとてもよくなる方がいらっしゃいます。ですから我々はその原因となる病気を診断し治療に役立てる必要がありますし、もし皆さんの周りの方で「ひょっとして認知症かも?」と思われる方があれば、あきらめたりせずに是非専門医にかかってください。病気によっては治るかもしれません。治らないまでも進行を遅らせることができるかもしれません。
では認知症の原因となる病気はどのようなものがあるのでしょうか。日本で一番多いのは「アルツハイマー型認知症」です。脳梗塞や脳出血が原因となる「脳血管性認知症」や、少し特殊な形の「レビー小体型認知症」が次いで多い病気です。
進行をおくらせることが、できることもあります。
あきらめずに相談を。
監 修:まつしま脳神経内科クリニック
     院長 松嶋 永治 氏
経歴等:医学博士、日本神経学会専門医、
     日本内科学会認定医、日本脳卒中学会専門医
     介護支援専門員
 このコラムに関する文章、写真、イラスト等の著作権は松江市社協またはコラム提供者が所有しています。 これらの情報は、「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で使用・転載することはできません。利用の承諾については松江市社協までお問い合わせください。

松江市建築組合による技能・技術を活かした社会貢献活動のご紹介
松江市建築組合では地域への社会貢献として、毎年組合員による労働奉仕活動を実施されています。
今年も約40名の組合員のみなさんが、それぞれチームに分かれて一人暮らしの高齢者の方々25世帯の家屋内外の修理・修繕に汗を流して下さいました。また、他の組合員さんからは資材や金物等のご提供をいただくなど、活動を支えていただきました。
夢と希望と豊かなこころを育むまちづくり
入場無料
■日時 平成21年12月14日(月) 13:00〜16:00
■場所 松江市総合文化センタープラバホール
基調講演(13時から)
講師 山折 哲雄 氏(国際日本文化研究センター名誉教授)
演題 『こころを育むとは〜危機と不安の中でいきる〜』
シンポジウム(14時10分から)
テーマ『夢と希望と豊かなこころを育むまちづくり』
日本のふるさと松江からのメッセージ
【問合せ先】
松江市ボランティアセンター内 松江地域振興予算ゼロ課 こころを育む総合フォーラム実行委員会
TEL 0852−27−8388 又は 福田090−1573−0319 FAX 0852−24−1020
E-mail:kigyovolu-matsuenet@image.ocn.ne.jp