| 市報松江2月号目次 |
2010.2 社協だより
2010.2 まつえ社協だより 第59号
各地域で歳末チャリティーが行われました
しまねボランティア・NPO活動応援基金
まつしま先生の『心はみんな生きている』
まつえ社協だより
ホームページバナー広告募集について
善意のご寄付
第5回松江市ボランティア
フェスティバルの開催について
松江市ふれあい総合相談所

写真左:研修会での様子
写真右:模擬訓練での声かけの様子

 認知症高齢者が行方不明になった場合に、早期発見、保護につなげようと、徘徊を想定した市内初の模擬訓練が平成21年12月7日、雑賀地区で行われました。
 雑賀地区では、昨年1月に「認知症になっても安心して暮せる地域づくり」をめざして認知症見守りネットワーク「ほっとさいか」(福井邦憲会長、会員120人)を結成し、そのメンバーが中心となって、地域包括支援センターやケアセンター咲花のケアマネジャー等が協力をして実施されました。模擬訓練は事前に周知し、「おばあさんが外出したまま戻らなくなった」という設定で午前10時に開始され、認知症のお年寄り「雑賀トメさん」役のケアマネジャー3人が地区内を歩き始めました。6つの班で構成されている「ほっとさいか」会員は、緊急連絡網で「雑賀トメさん」の服装等の特徴を確認し、約1時間地区内を捜索しました。
 午後の研修会では、お年寄りを発見した時の声かけの仕方について「いいお天気ですね等、できるだけ自然な形での声かけが大切」「後ろから声をかけない」「やはり笑顔が大切」という意見が出され、今後とも模擬訓練や研修の積み重ねをすることが見守りネットワークの強化に繋がるということが確認されました。
認知症の人を地域で守ろう!
〜「ほっとさいか」(雑賀地区)の取組み〜

| 市報松江2月号目次 |