2010.8 社協だより
社協だより目次
●社協会費はこのように活用されています●
 少子高齢化や地域での人間関係の希薄化が叫ばれている今日、「人と人とのつながり」を軸とした地域福祉の充実が今まで以上に必要になってきています。
 一方、介護保険制度や障害者自立支援制度など、法に基づく様々な福祉サービスが提供されています。これらは全国どこに暮らしていても同じように利用できる公的支援です。しかし、公的支援だけで全ての住民の福祉課題が解決できるものではありません。
 松江市社会福祉協議会は、社協会費という住民の皆様から拠出していただいた貴重な財源を、「法的整備が遅れている」「サービスがない」など、制度化されていない領域の福祉推進を図るため、地域の特性を活かした独自の事業の企画、運営に活用させていただいています。
 『だれもが安心して暮らせる地域づくり、まちづくり』を、こうしたことにより住民の皆さんとともに実現していく、専門機関としての役割をはたせるよう更に努力してまいります。
【ご協力いただいた社協会費は・・・】
 平成21年度会費実績額 31,329千円
男性介護者の集い
男性介護者の集いに参加しませんか
〜男性の介護者の方々を対象に、介護についてのアドバイスや情報提供をします。〜
内容
らくらく介護法
介護を受ける人も介護をする人も、お互いが負担にならないようにするテクニックを介護のプロがご指導いたします。(衣類の着脱、体位変換、車いすへの移乗、ベッドメイキング、歩行の介護などを予定しています。)
介護用品の紹介
紙オムツや介護用品など最新の用品の選び方・使い方などについて、ご紹介します。
茶話会
ほっとティータイム