| 市報松江2月号目次 |
市報松江 2011.2

松江市は「住むひとが誇りと愛着を感じ、訪ねるひとの心に残る松江の景観づくり」を推進しています。
シリーズ景観5
松江フォーゲルパーク 松江市景観計画に指定する展望地 
 松江フォーゲルパークは、平成13年に秋鹿湖畔公園内に「花と鳥のテーマパーク」として開園した世界最大級の室内ガーデンで、年中満開の数千種のベゴニアなどの花や、フクロウなど百数種の鳥たちに出あえます。また、展望台(くにびき展望台)が備えられ、360度見渡すことができます。
 この展望台に登ると、眼前にダイナミックな宍道湖が迫り、その向こうを西から東へ見渡すと、出雲縁結び空港、神名火山の仏経山、斐川町から東出雲町へと続く湖南山地など雄大な自然景観が一望できます。天気の良い日には島根最高峰の三瓶山や、出雲富士と称される大山も見ることができます。松江フォーゲルパークならではの多彩な四季と雄大な自然景観を満喫してみられてはいかがでしょう。

松江市は、景観計画で市内23ヵ所を展望地に指定し、建築・建設行為等に対して、そこからの眺望に配慮するよう指導・誘導を行っています。
【問い合わせ】都市景観課TEL : 55-5387FAX : 55-5552E-mail : keikan@city.matsue.lg.jp