| 市報松江10月号目次 |
市報松江 2011.10
松江の皆さん こんにちは
1941年生まれ。母衣小、松江二中、松江高校、中央大学卒業。グラフィックデザイナーを経て、1973年ごろから絵の仕事を手がける。絵本に「海幸彦 山幸彦」。挿絵に「リトル・トリー」など多数。

 私にとって今年5月17日は稀有けうな出来事が起きた日となりました。その日、スケッチをしながら次の作品を描くアイデアで悩んでいた時、一本の電話が・・・。松高11期卒業生で、私と同期の女史からでした。「あなたが挿絵の仕事をしていることを最近知ったのですが、松江ではあまり知られていません。そこで同窓生や松江市民に広く紹介したい」との主旨でした。そういう事は思ってもいなかったので、とても驚きました。
 その日以降、連絡が始まり、出身校に拙作の挿絵本を寄贈する話になりました。私もそれはうれしい事だと思い、打ち合わせのため、東京から帰省することにしたのです。7年ぶりに松江に着くと、わざわざ出迎えてもらい、すでに会場も準備してあり、同期11人の大歓迎を受けました。半世紀以上たっての再会でした。次の日は、母衣小、松江二中、北高に訪問する段取りまでしてあり、同期生5人が同行、各校の校長先生方に、私の作品を詳しく紹介してくれたのです。
 そして、校長先生方には、私からの献本の申し出を快諾してもらいました。
 その夜、戻ってはこない少年時代を思い出すために、あてもなく昔の家並みの残っている町をさまよい、大橋川を見つめていた時、石段に気が付きました。「あっ、石段を描こう」と思い付きました。次の作品のアイデアがひらめいたのです。
 すっかり縁遠くなった松江ですが、思いもかけぬ同期生からの電話がふるさとへの思いを呼び覚ましてくれ、これからの制作に大きなヒントを与えてくれたのです。感謝の気持ちでいっぱいです。本当に夢のような2日間でした。そして私にとってふるさとは、やはり松江でした。

「東京松江会」への参加者を募集しています。関東地方在住の方でご紹介いただける方はご連絡ください。
〒160-0023 新宿区西新宿7-16-6 森正ビル
(株)かもす内 東京松江会事務局 TEL03-3361-4094 FAX03-3361-2852