| 市報松江8月号目次 |
市報松江 2012.8
この夏 松江に忍者が現る!まつえ忍者ふぇすた

8月31日 まで好評開催中!!※16日 は休館日

期間中
★「忍たま乱太郎」 の原画と忍者道具の展示  有料
 (中国地方初公開の原画・セル画100点と“本物”の忍者道具250点を展示) 
からくり忍者屋敷体験  無料
 (からくりを見抜いて脱出せよ!) 
★「忍たま乱太郎」 ビデオ上映  無料
  10時、 11時、 13時、 14時から毎日上映
(7/25・29、 8/4・5・21・24は除く)      
★忍者を探せ!  無料
 (エリア内にひそむ忍者を見つけてスタンプを集め、 景品をゲット!)
★忍者でまちあるき  有料
(市内のお店に掲示してある忍者文字を探して解読しよう。 解読した数により豪華賞品をゲット!詳しくはスタートキット (100円) の中にある指令書を見てね) 
ほかにもイベント盛りだくさん!!

5日 日曜日まで
 ★「忍たま乱太郎」 でかもめ〜る
まつえ忍者ふぇすたオリジナルのかもめ〜るを買って缶バッジをゲットしたら、 キャラクターの似顔絵やメッセージを書いて歴史館に届けよう!歴史館で展示後、 超レアものの消印付で返送します。 さらに、 抽選で20人に尼子先生のサイン入り色紙をプレゼント。 

5日 日曜日
 ★幻の忍者消印
郵便局の臨時出張所で、 その日限りの超レアな 「忍者消印」 が押してもらえる!!
 10時〜17時★「忍たま乱太郎」 原作者
 尼子騒兵衛先生のお話し会・サイン会  無料
  13時30分〜   定員 80人
※11時から整理券を配布。 ※企画展示観覧券が必要 (前日までの観覧券の半券でも可)
15日(水)
★松江初公開!実写版映画 「忍たま乱太郎」 上映   無料
 10時30分〜 (10時開場)  
定員 500人 (入場制限あり) 
ところ 県民会館中ホール

25日(土)・26日(日)
★手裏剣打ち大会  無料
 10時〜17時
 ところ 松江城本丸

本イベント終了後、 からくり忍者屋敷の資材をご希望の人に有償でお譲りします。 詳しくは、事務局までお問い合わせください。 
まつえ忍者ふぇすた実行委員会 (事務局:松江歴史館内) 


その他イベント
●出雲民芸紙を使ったうちわづくり
4日(土)、5日(日) 各日10時〜16時
講師 安部信一郎さん (安部榮四郎記念館)
参加費 1,050円
●広瀬絣がすり藍あい染め体験
12日(日)10時〜11時30分、13時30分〜15時
講師 天野 順さん (広瀬絣藍染工房) 
参加費 1,500円
●バックヤード見学会
とき 24日(金) 9時30分〜11時
定員 親子10組 (対象:小学生まで)要申込
参加費 無料


ほっと一息 お城の隣 癒しの空間
松江歴史館
殿町 279 TEL32-1607
詳しくは 松江歴史館 検索
松江市景観計画に指定する展望地 松江市は、住むひとが誇りと愛情を感じ、訪ねるひとの心に残る松江の景観づくりを推進しています
標高約300メートルから400メートルに広がる忌部高原は、 昭和21年に開墾され、 昭和52年に忌部自然休養村として整備されました。
 敷地内には、 明治初期の建築材料が使われている豪農屋敷があります。 この豪農屋敷の庭から北方向を眺めると、北山山系の山並みをバックに宍道湖や市街地の美しい景色が一望できます。晴れて見通しが良い日には山並みの向こうにうっすら隠岐諸島を望むこともできます。 松江の中心部から離れていることから、静かで落ち着いた雰囲気に心が癒やされます。
 この夏の避暑地として出掛けてみてはいかがでしょうか。

市は、景観計画で市内23ヵ所を展望地に指定し、建築・建設行為等に対して、そこからの眺望に配慮するよう指導・誘導を行っています。

しまね景観賞 【お問い合わせ】景観政策室 TEL 55-5387 FAX 55-5552
E-mail:keikan@city.matsue.lg.jp
| 市報松江8月号目次 |