| 市報松江10月号目次 |
市報松江 2012.10
国際交流員を紹介します

国際交流員って?
 国際交流員はCIR (Coordinator for International Relations) とも呼ばれ、国際理解推進のための活動などを行っています。 松江市には現在5人が勤務しています。
国際交流員の仕事・役割って?
 松江市が行う事業の通訳・翻訳、国際交流事業の企画や実施、 市の魅力の海外への情報発信などのほか、学校訪問や各種団体(公民館、 市民グループなど) の要請に応じた講座・スピーチなどを行い(国際交流出前講座)、市民の国際理解をお手伝いしています。
 皆さんも出前講座を、活用してみませんか?

こせいけい
中国・1年目
中国にもギョーザを食べない所があります。  先入観を捨てて中国の話を聞いてみませんか?

きむ ふじん 韓国・1年目
ソウルだけでなく、韓国の地方への旅はいかがですか。田舎の暮らしも楽しいですよ。

バーニース・デンプシー アイルランド・3年目
知られてないアイルランド文化と料理を一緒に味わってみませんか?
ルーク・ポマレード フランス・2年目
松江で一緒にフランスの香りを感じましょう。  

ブリタニー・パーティン アメリカ・1年目
映画では見られない、アメリカの生活の面白さを発見しましょう。
国際交流出前講座の申し込み手続き

1.出前講座を希望する国際交流員、日時、内容を国際観光課までご連絡ください。  
2.派遣の条件が整ったら、事前の打ち合わせをし、詳しい内容を国際交流員とご相談ください。  
3.詳細が決定したら、【国際交流員派遣申請書】を提出ください。  
4.終了後、【国際交流員活用報告書】を提出ください。  
 お問い合わせは、国際観光課  電話55-5175まで。  

国際交流会館では異文化理解講座を開催します
 本年度は、国際交流員による外国文化体験講座をはじめ、外国人講師による「外国語で学ぶ世界の料理講座」、子どもを対象としたクリスマスイベントなどを開催する予定です。詳しくは、今後の市報でお知らせします。  
 お問い合わせは、国際交流会館
  電話31-8345 まで。
| 市報松江10月号目次 |