| 市報松江1月号目次 |
2013.1 社協だより
まつえ社協だより第83号
謹賀新年
ごあいさつ 松江市社会福祉協議会 会長 加藤 滋夫

 新年あけましておめでとうございます。皆様方におかれましては、明るく希望に満ちた新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 旧年中は本会の運営につきまして、多大なご理解とご支援をいただき、謹んで感謝を申し上げます。
 さて、我が国は東日本大震災により大きな打撃を受けました。この苦難を乗り越えていくために、あらためて「地域のつながり」を見直し、身近な人たちとの絆を大切にし、他人の痛みを感じ、いたわり合い助け合って、暮らしやすい社会にしていくことが求められています。
 本会の活動は、このような住民一人ひとりの幸せを高めるための取り組みであり、近年の少子・高齢化や厳しい経済情勢等を背景にした孤立死、虐待、生活困窮者の増加などの課題解決のために、個別の援助活動と地域づくりを支援する活動を展開しております。  
 本年も引き続き、松江市と共に策定いたしました「第3次松江市地域福祉計画・地域福祉活動計画」の具体的な推進を図り、地区社協活動を中心とした住民協働による地域福祉活動を推進してまいります。このような地域の皆様の実践的取組みと、市内六か所に設置されている地域包括支援センターとさらに連携を強化しながら様々な課題解決に取り組み、「誰もが安心して住み続けられるまちづくり」を進めていきたいと考えております。この計画を着実に実践していくことが「無縁社会」から「絆社会」への転換を図り、互いに支え合う、いきいきと生活できるまちづくりにつながるものと考えています。
 どうか本年も昨年と同様、皆様方の一層のご支援とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げますとともに、ますますのご健康とご多幸をご祈念いたしまして、新春のごあいさつといたします。

| 市報松江1月号目次 |