home
松江姉様人形
 松江藩の御殿女中が手すさびに作ったり、武家の娘が作って遊んだのが始まりと伝えられる。全国に姉様人形は多種あるが、松江姉様はとりわけ気品にあふれている。普通、姉様人形は顔を略したものが多いが、松江のものはおちょぼ口で目が細く、頬をほんのり赤く染めたかわいらしい顔がついていて、小泉八雲は「瓜実顔に切長な目もとがほんのりとうるんで、羞らうようにうつむいて…」と松江姉様のことを書いている。