| 市報松江1月号目次 |
市報松江 2006.01
イベント・施設ガイド施設ガイド ==> こちら
第4回まつえ暖談食フェスタ
豊かな食材と伝統料理を生かしていくため、今年も「食」のイベント“まつえ暖談食フェスタ”を開催!!
まつえ暖談食フェスタ専用チケット発売!
1,000円で1,100円分使えるお得なチケットを前売りします。
ご使用可能期間(8日間) 平成18年2月5日(日)〜12日(日)
暖談フェア参画施設では各施設の設定期間内でご利用可能
上記の期間、チケットは食フェスタのロゴマークのあるお店でご利用可能
チケットは1枚100円券としてご利用可能
【チケット販売箇所】
観光文化振興課        TEL55−5220
松江テルサ2階管理事務室  TEL31−5550
チケットは前売りのみで2月4日まで販売しています。
当日販売分はありませんのでお早めにお求めください。

暖談ごちそう市場
■2月5日(日) 10:30〜15:00
  JR松江駅前〜こだわり市場

松江市と周辺地域から腕に自慢の料理人・お店が多数出店し、まつえ暖談食フェスタのために地域の食材を利用した特別メニューを用意し、皆さんをお迎え。また、この日を農産物の日として、食材販売市場「暖談農産食材大市」も開きます。
10時30分からの開会式典では、振舞い酒やだんだん鍋などのお楽しみもあります。
■2月11日(土) 11:00〜15:00
  天神町商店街・竪町商店街

従来のごちそう市場に加えて、県漁協と県漁連などが「松江おさかな大市」を開きます。
■2月12日(日) 11:00〜15:00
  京店商店街・南殿町商店街・カラコロ工房

従来のごちそう市場に加えて、カラコロ工房隣接駐車場において、「出雲路広域食べ歩きゾーン」を開設します。

暖談フェア
■2月1日(水)〜28日(火)
  松葉ガニと寒ブリを贅沢に使って

松江しんじ湖温泉・玉造温泉を中心に、市内の協賛旅館、ホテル、料理店各店「美味健彩(びみけんさい)」をテーマに極上の味を競います。日本海の冬の味覚といえば、やはり松葉ガニと寒ブリが代表格。その地産食材を贅沢に使います。開催期間・料金は各店で異なります。詳細は1月下旬の新聞折込でご確認ください。

暖談グルメ祭
立松和平氏
立松和平氏
岸 朝子氏
岸 朝子氏
■2月7日(火) 11:00〜14:00
  ホテル一畑 料金:7,000円(税込) 定員:150名

作家としての活動だけではなく、広くテレビ・マスコミ等で活躍の立松和平氏と料理記者歴50年の岸朝子氏をお迎えして、松江の食について松浦市長とのトークショーを行います。その後は、郷土料理研究会に所属する老舗旅館・ホテル・料亭の料理長が「冬の日本海」をテーマとして腕をふるった創作料理を会食していただきます。
【申し込み先】松江観光協会 平日9:00〜17:00 TEL27−5843

暖談晩餐会
■2月6日(月) 12:00〜15:00 ・ 18:00〜21:00
  暖談晩餐会 in 松江「茶の湯のこころ、古都の風情を感じる宴」
  臨水亭 料金:15,000円(税込) 定員:昼)30名 ・ 夜)30名

風情のある建物・庭園や料理、老舗のよもやま話などを聞きながら、格式ある茶の湯の世界を気軽に味わえる「茶懐石風コース料理」が楽しめます。
【申し込み先】臨水亭 TEL21−4839

■2月9日(木) 18:30〜21:00
  暖談晩餐会 in 玉造温泉「世界のワインと新和食を楽しむ宴」
  旅亭 山の井 料金:12,000円(税込) 定員:80名

世界のワインや島根ワインを飲みながら、地産の食材をふんだんに使った、新和食を食し、ワイン文化や新感覚の温泉旅情を感じていただく宴です。
【申し込み先】旅亭 山の井 TEL62−0621

【 交 通 規 制 】
 ごちそう市場開催に伴い市内において一部交通規制が行なわれます。詳しくは市報2月号でお知らせします。

1page / 2page
| 市報松江1月号目次 |