| 市報松江1月号目次 |
市報松江 2006.1

写真
No.1
平成18年1月1日

 平成17年11月14日 (月) に、 島根県市町村振興センターにおいて、第1回松江市原子力発電所環境安全対策協議会を開催しました。
発行:松江市総務部防災安全課原子力安全対策室
電話:0852−55−5616 FAX:0852−55−5617
 本市は、平成17年3月31日に、旧鹿島町を含む1市7町村の合併により、全国でも初めて県都に原子力発電所が立地する県庁所在立地市となりました。
 その結果、原子力防災対策の対象となる住民も、全国の他の立地自治体とは比較にならないほど増加しました。
 今後は、20万市民の安全・安心を最優先に位置づけた原子力安全行政を推進してまいります。
 これにあたり、本市では、広範な分野の皆様に、原子力発電所に関する情報を提供するとともに、皆様からご意見をいただく場として『松江市原子力発電所環境安全対策協議会』を設置しました。

写真 今回の会議が第1回目であることから、各種団体等からご推薦いただいた45名の皆様に、委嘱状の交付を行いました。
 また、島根原子力発電所に関して、松江市及び中国電力(株)から、次の4点について報告、説明をし、委員の皆様からご意見をいただきました。

  1. 島根原子力発電所の運転状況について
  2. 島根原子力発電所3号機建設工事について
  3. 「島根原子力発電所周辺地域住民の安全確保等に関する協定」について
  4. ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料の採用に関する事前了解の申し入れについて

[ 1page2page ]
| 市報松江1月号目次 |