| 市報松江1月号目次 |
市報松江 2006.1
耐震診断制度を是非ご活用ください
地震への備えは万全ですか?  地震は油断したときにやってきて、一瞬にして日常を奪ってしまいます。平成7年1月の阪神・淡路大震災等の地震において多くの人が負傷し、多くの住宅等に被害が出ました。これらの地震では、旧耐震基準の建物に多くの被害がでました。
 松江市では、そのような現行の耐震基準に合致しない建物を対象にして、『耐震診断事業』を実施しています。

木造住宅耐震診断士派遣事業及び診断費補助事業
 木造住宅を所有されている方の申込みに応じて、耐震診断士を現地に派遣し、その診断費用の一部を補助いたします。
対象建築物
次のいずれにも該当する建築物が対象です。
昭和56年5月31日以前に建てられた一戸建て又は長屋建てで、居住部分を有するもの。
(昭和56年6月1日以降、増築等建築行為等があるものは対象とならない場合もありますのでお問い合わせ下さい。)
国・地方公共団体、その他の公共団体が所有する建築物以外のもの。
地上2階建て以下のもの。
診断費 30,000円
(うち、20,000円を補助します。自己負担は10,000円となります。)

問い合わせ 建築指導課建築指導係 TEL55−5342

| 市報松江1月号目次 |