| 市報松江1月号目次 |
市報松江 2006.01
 まちの話題あれこれ
  11/20・写真
11/18 県民会館で第1回「大橋川周辺まちづくり検討委員会」と「景観専門委員会」が開催されました。 委員の中からは昭和47年の水害時の経験を踏まえた意見や、今後の検討内容に関する質問が寄せられました。
11/13・写真 11/13
総合文化センタープラバホールで松江市民音楽祭を行いました。 新松江市誕生記念ということで、「希望」をテーマにコーラスや楽器演奏を発表しました。最後に、市町村合併を記念して作られた新しい松江の歌、「松江わがまち」を出演者全員で初披露しました。この歌は松浦市長の作詞で、新松江市の季節情緒あふれた歌詞です。

  11/23・写真
11/23 学校給食の残飯を利用した肥料を使って育てた野菜を、松浦市長や忌部小学校の児童が収穫、食味を行いました。 これは「生ごみ堆肥化モデル事業」の一環で、今後の地域活性とごみの減量に大いに期待が持てそうです。
  11/18・写真
11/20 市民大学の菓子づくり教室で和菓子づくりに挑戦しました。 作ったのは、柚子と栗の2種類。会場は柚子の香りでいっぱいでした。栗まんじゅうは皮が薄く餡を包むのがとても難しかったようです。

  12/1・写真
12/1 プラバ・クリスマスイルミネーションの点灯式がありました。 中央キッズバンドクラブによる楽しい金管バンドの演奏と、ちどり合唱クラブの美しいハーモニーで大勢のお客さんが一足早いクリスマスを楽しんでいました。
(写真:中央キッズバンドクラブのみなさん)
  11/25・写真
11/25 白潟地区社会福祉協議会と福祉施設等が一緒になり「天神市」の日に合わせ日用品、野菜などを販売する"ショップ"を試験的に開設しました。 これは、市の地域福祉ステーションモデル事業で、今回は中央小学校の児童も参加し、元気な声でお客さんを呼び込んでいました。
11/27・写真
11/27 松江市内の小中学生による「子どもフリーマーケット」がテルサで行われました。 使わなくなったおもちゃや文房具、衣類を販売して得た収益の一部は、ニューオーリンズ市への義援金として送られます。

まちの話題あれこれ 

| 市報松江1月号目次 |