| 市報松江2月号目次 |

皆さんスポーツ推進委員をご存知ですか。主な活動内容としては、市が企画した各スポーツ事業への協力、地域住民の方々に実技を含むスポーツに関する指導・助言を行うほか、地域スポーツ振興のために地域でのスポーツ大会や体育祭などの企画や運営にも携わっています。また、スポーツの楽しさを伝え、誰もが気軽にスポーツに親しめる環境をつくるため各地域でスポーツの推進に努めています。そのため、年間を通していろいろな競技やニュースポーツ、健康に関わることなどを体験・研修しています。

写真例えば、「ダイヤゾーンボール」という競技。これは島根県で生まれたニュースポーツで、屋外屋内どちらでもできます。この競技ができて十数年経ちますが、競技人口が増えていません。ただ、香川県の高松市では毎年大会が開催され、大いに楽しく競技をしているようです。なぜ他県でははやって、松江市でははやらなかったのか。また、どのようにすれば松江市で認知され、体験してもらえるのかなどをスポーツ推進委員で話し合いました。その中で声が上がったのが審判問題です。競技は説明を聞けば何とかできますが、審判となると簡単にはできません。そんなときにスポーツ推進委員が審判をできるようにして、皆さんに安心してプレーしてもらえればいいのではないか、となりました。

このように、いろいろなスポーツに携わり、皆さんに体験してもらえるよう頑張っています。スポーツでお困りの際は、各地域にいるスポーツ推進委員に相談してみてください。私たちスポーツ推進委員は、市民の皆さんが楽しく健康に毎日を過ごせることを願っています。体を動かすことが苦手な人も、運動はしたいけれど一緒に活動する仲間がいない人も、ぜひ教室やイベントに参加してみてください。

タウンレポーターコラム
| 市報松江2月号目次 |