| 市報松江4月号目次 |
市報松江 2021.4

松江市原子力発電所環境安全対策協議会からのお知らせ

議題:島根原子力発電所 サイトバンカ建物の巡視業務の未実施について

 2年2月に発生したサイトバンカ建物の巡視業務の未実施事案について、中国電力から再発防止対策の実施状況の報告がありました。
 原子力規制庁島根原子力規制事務所からは、対策に関する検査状況について報告がありました。

サイトバンカ建物の巡視業務の未実施の概要 ~これまでのおさらい~

①
中国電力の協力会社の担当者が、サイトバンカ建物の巡視を実際はしていない日があった問題。
どうしてこんなことが起こったんでしょう?

②
解説していきましょう。
中国電力と協力会社による調査の結果、これらが直接的な原因として浮かび上がってきました。

協力会社の直接原因(抜粋)
・巡視のルール(体制・役割分担や実施方法)が不明確で、巡視業務の重要性に関する教育も不足していた。
・上司が担当者とのコミュニケーションの重要性を認識していなかった。
中国電力の直接原因
・巡視結果を確認する際に証拠の確認をしていなかった。
・巡視業務を委託する際に具体的な要求事項の明示が不十分だった。

③
調査では根本的な原因も分析しています。

協力会社の根本原因
・上司は業務のマネジメントができていなかった。

中国電力の根本原因(抜粋)
・協力会社に任せておけば大丈夫との意識から自ら管理する意識が薄くなっていた。
・コンプライアンスや原子力安全文化の意識の浸透の取り組みを十分に求めていなかった。

巡視業務のルールが不明確だったこと以外に、意識面での課題も明らかになったみたいだね。

次ページからは再発防止対策の実施状況を説明します。

↑ページトップ
| 市報松江4月号目次 |