| 市報松江2月号目次 |
市報松江 2010.2
12/19 恒例の松江市民余芸大会で18団体が
自慢の芸を披露しました。
12/19photo
 
まちの話題
あれこれ



12/25
1/4 松江城の国宝化に向けて
市役所本庁舎に懸垂幕を掲出
しました。
1/4photo
  災害時応援協定の調印。今後の
災害時に迅速な復旧が期待されます。

12/25photo
調印式 「松江市測量設計協会」および
 「島根県電気工事工業組合松江支部」

1/4・5photo
1/4・5

新春初釜。玄関ロビーでお茶とお菓子を堪能してもらいました。

12/14-25
12/14-25photo
  保健師や管理栄養士が地区限定で血圧測定や健診結果の説明するために家庭を訪問しました。
12/14-25photo
新しく導入した家庭訪問専用車

<市長から一言>
 ロシア大使にボタンのPRをしました。それに先立ち、9月にウラジオストクにもボタンの苗をプレゼントしましたが、栽培に適した気候だとのことです。大使は大変興味をもたれ、輸出をスムーズに行うための方法を自ら詳しく説明してくださいました。大いに手ごたえを感じました。

松江市では市長のメッセージや市の話題・イベント情報などを盛り込んだメールマガジンを毎月2回(第2・第4水曜日)配信しています。松江市ホームページから読者登録できますので、皆さんの登録をお待ちしています。
松江市ホームページ http://www.city.matsue.shimane.jp  
ロシア大使にボタンを贈呈しました。 12/15
12/15photo

 城東地区恒例の夏のイベント、「城東夏まつり」が開催されました。例年は城東公民館周辺を会場にしていましたが、雨が降り続き、開催が心配されたため、急遽きゅうきょ母衣小学校体育館のピロティで行いました。
photo オープニングのころには雨も止み、やきそば、綿菓子、当てくじ、たこ焼きなど、昔からの夏の風物詩が並んだ会場は、すぐに来場者で埋め尽くされ、子どもから大人まで思い思いに楽しんでいました。
 町内会の役員の方々も、会場の世話役をする一方で、素人ながらビヤガーデンコーナーを担当し、味見をしながら切り盛りしていました。
 今年度から盆踊りも企画されていて、例年以上のにぎわいを見せました。
 このような行事を通して、城東地区では、地域のみなさんの交流を深めています。

城東地区町内会・自治会連合会会長 中林 富夫
町自連だより
城東地区の夏まつり

| 市報松江2月号目次 |