| 市報松江7月号目次 |
市報松江 2011.7
こんにちは国際交流員です
国際観光課 電話55-5175、国際交流協会 電話31-8345
国際交流員の仕事・役割って?
 国際交流員とはCIR(Coordinator for International Relations)とも呼ばれ、市や(財)松江市国際交流協会で国際交流活動に従事しています。現在4人の国際交流員が勤務し、幅広い活動をしています。
国際交流員って?
 市や国際交流協会が行う国際交流関係事業の通訳・翻訳、国際交流事業の企画や実施についての協力・助言、学校訪問や各種団体(公民館、市民グループ、親子会など)の要請に応じて講座・スピーチなどを行い(通称:「国際交流出前講座」)、市民の国際理解の推進をサポートする役割を果たしています。ぜひ国際交流講座を出前してください。

さい えつ
中国 3年目
〈国際観光課勤務〉
経済発展著しい中国について、一緒に再発見しませんか?

ちゃん じんよん
韓国・2年目
〈国際観光課勤務〉
韓国では誕生日にワカメスープを飲むんです。理由は出前講座にて。

りゅう  はいよう
中国・2年目
〈国際交流協会勤務〉
似て非なる日本と中国。文化と料理などの体験からその違いを紹介します。

バーニース・デンプシー
アイルランド・2年目
〈国際観光課勤務〉
アイリッシュ・フェスティバルでは、一緒にパレードを楽しみましょう。
国際交流出前講座の申し込み手続き

1.出前講座を希望する国際交流員、希望日時、内容を国際観光課または国際交流協会までご連絡ください。
2.内容や日程など派遣の条件が整ったら、事前の打ち合わせを行い、詳しい活動内容、タイムスケジュールなどを国際交流員とご相談ください。
3.派遣の詳細が決定したら、【国際交流員派遣申請書】を記入し、提出してください。
4.当日の派遣
5.派遣終了後、1週間以内をめどに【国際交流員活用報告書】を記入し、提出してください。


国際交流協会のホームページには、国際交流員のページがあります。母国の料理の紹介や松江の生活での発見が満載です。ぜひのぞいてみてください。

(財)松江市国際交流協会の趣旨や活動内容を知っていただき、各種事業にご参加、ご支援いただく賛助会員を募集しています。会員になると国際交流員が企画する異文化理解講座の参加費も割引になります。詳しくは同協会までお問い合わせください。
| 市報松江7月号目次 |