| 市報松江3月号目次 |
市報松江 2012.3折込/保険年金課からのおしらせ
4月から変わります
外来診療でも窓口での支払いが自己負担限度額までに!!
問い合わせ 保険年金課 給付管理係(7番窓口)TEL 55-5265

 平成24年4月からは、入院した場合と同様に「限度額適用認定証」を医療機関などに提示すると、外来診療でも窓口での医療費の支払いが自己負担限度額までとなります。自己負担限度額は年齢・所得区分によって異なります(※表1・2)
 必要な人は、あらかじめ「限度額適用認定証」の申請をし、交付を受けてください。
 なお、24年3月31日以前に交付された入院時用の限度額適用認定証(70歳未満用)、または限度額適用・標準負担額減額認定証(70〜74歳用)については、記載された有効期限までは外来診療についても使用できます。
 また、「限度額適用認定証」を医療機関などへ提示をすることなく支払い額が自己負担限度額を超えた場合は、高額療養費の申請をしてください。

申請時期 : 随時
申請に必要なもの : 国民健康保険証、印鑑
交付条件 : 国民健康保険料納期到来分を完納していること
申請場所 : 保険年金課 給付管理係・各支所市民生活課

表1 70歳未満の人の自己負担限度額
(月額)
所得区分 1ヵ月の限度額
(過去12ヵ月で3回目まで)
多数該当の限度額
(4回目以降)
上位所得者
(区分A)
150,000円+(総医療費-500,000円)×1% 83,400円
一般
(区分B)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
市民税非課税世帯
(区分C)
35,400円 24,600円
表2 70〜74歳の人の自己負担限度額
(月額)

負担
割合

所得区分

外来(個人ごと)

入院/外来+入院(世帯ごと)

病院に提示するもの

3割 現役並み所得者 44,400円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
【過去12ヵ月で4回目以降44,400円】
・保険証
・高齢受給者証
1割 一般 12,000円

44,400円

市民税
非課税
世帯
区分U 8,000円 24,600円

・保険証
・高齢受給者証
・限度額適用標準負担額減額認定証

区分T 15,000円

※現役並み所得者、一般の区分の人は、保険証と高齢受給者証を提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。
※市民税非課税世帯(区分I・II)の人が、自己負担限度額までの支払いとするには「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要です。

[ 1page / 2page / 3page / 4page ]
| 市報松江3月号目次 |