| 市報松江6月号目次 |
市報松江 2015.6
「松江市地球温暖化対策実行計画を策定しました」一人ひとりが地球を思いやり行動するまち(環境保全課 TEL55-5687)

イラスト  地球の温暖化は、私たちが豊かな生活を求めて石油や石炭など化石燃料を使い、多くの温室効果ガスを排出したことが原因とされています。このまま温暖化が進むと、海面上昇や異常気象が増えることが懸念されます。
 実行計画では、地域で温暖化対策を今後どのように進めていくのかを定め、基本方針に基づき市民、事業者、行政が一緒になって省エネルギー行動や再生可能エネルギーの導入促進、ごみの減量など、地球温暖化防止に向けて取り組みます。

削減目標
 温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量削減に向けた取り組みを行い、2024年度に2005年度(基準年)と比較して20%以上の削減を目指します。
エネルギー消費量   二酸化炭素排出量
短期目標
(2020年度)
20%
以上削減(※)
→ 15%
以上削減
計画期間終了時目標
(2024年度)
25%
以上削減
→ 20%
以上削減
中期目標
(2030年度)
35%
以上削減
→ 30%
以上削減
長期目標
(2050年度)
70%
以上削減
→ 80%
以上削減
※エネルギー消費を20%削減すると約15%の二酸化炭素削減につながります。
減らそう!CO2

具体的な取り組み
イラスト ◎低炭素社会の実現・自然環境の保全と復元
 ・身近なところからの省エネルギー行動実施
 ・省エネルギー性能の高い家電や電灯などの導入促進
 ・再生可能エネルギー(太陽光、木質バイオマスなど)の導入促進
 ・エコドライブの実践
 ・全市一斉ライトダウンまつえの実施
 ・グリーンのカーテン運動
◎ごみを減らす取り組みの推進・資源の有効利用の推進
イラスト  ・ごみを減らそう運動の実施
 ・ごみの分別・再使用
 ・再生利用などの推進
 ・レジ袋の削減
◎環境意識の高い人づくり・行動できる体制づくり
イラスト  ・子どもたちへの環境教育の実施
 ・温暖化対策や省エネなどの情報発信
 ・活動推進組織などのネットワークづくり構築

太陽光発電システムなどへの補助の拡充!
 地球温暖化対策の一環として、今年度は太陽光発電システムへの補助を増額するとともに、新たにペレットストーブ、薪ストーブ、太陽熱利用設備(ソーラーシステム)、民生用燃料電池(エネファーム)を補助対象機器に追加しました。ぜひご活用ください。
 ★は、今年度新たに追加した補助対象機器です。
(補助額は千円未満切り捨て)
補助対象機器補助額
住宅用事業所用
太陽光発電システム 太陽電池の出力1kWにつき60,000円
4kWまで(上限額240,000円)
ただし、10kW未満の機器に限る
太陽電池の出力1kWにつき30,000円を乗じた額(9.99kWまで)と、その額に1/3を乗じて得た額を合算した額
(上限額398,000円)
ただし、10kW未満の機器に限る
★ペレットストーブ 設置費用の1/10の額と、その額に1/3を乗じて
得た額を合算した額
(上限額66,000円)
設置費用の1/10の額と、その額に1/3を乗じて得た額を合算した額
(上限額50,000円)
★薪ストーブ 設置費用の1/10の額と、その額に1/3を乗じて
得た額を合算した額
(上限額133,000円)
設置費用の1/10の額と、その額に1/3を乗じて得た額を合算した額
(上限額100,000円)
★太陽熱利用設備
 (ソーラーシステム)
設置費用の1/2の額
(上限額300,000円)
設置費用の1/2の額
(上限額300,000円)
★民生用燃料電池
 (エネファーム)
設置費用の1/10の額
(上限額140,000円)
設置費用の1/10の額
(上限額140,000円)
※詳しくは、市ホームページをご覧いただくか、環境保全課(TEL55-5687)へお問い合わせください。
| 市報松江6月号目次 |