| 市報松江6月号目次 |
市報松江 2015.6
26年度(27年3月末現在)予算執行状況のお知らせ
問い合わせ 財政課 TEL55-5182

 市の財政運営の状況について、市民の皆さんに広く知っていただくため、予算執行状況を毎年2回公表しています。
 今回は、26年度(27年3月末現在)の一般会計、特別会計の予算執行状況と市債、一時借入金および基金の現在高についてお知らせします。

一般会計予算執行状況

 26年度一般会計の予算執行状況は、歳入(収入)が予算額1,024億円に対し、調定済額は890億円、収入済額は853億円で執行率は83%となっています。一方、歳出(支出)は予算額1,024億円に対し、契約済額が911億円、支出済額が872億円で執行率は85%となっています。

《歳入》
■予算額 1,024億円
■収入済額 853億円
■執行率 83.2%
市税 収入済 277億円(99.2%)
地方交付税 収入済 248億円(99.7%)
国庫支出金 収入済 127億円(81.7%)
その他 収入済 201億円(58.9%)
●市税…個人や事業所などにかかる税金 ●地方交付税…地方自治体間の収入の格差を調整するために国から交付されるお金 ●国庫支出金…国からの負担金や補助金など ●その他…市債、県支出金、諸収入など

《歳出》
■予算額 1,024億円
■支出済額 872億円
■執行率 85.1%
民生費 支出済 265億円(78.4%)
公債費 支出済 151億円(99.0%)
土木費 支出済 95億円(84.6%)
教育費 支出済 98億円(91.2%)
総務費 支出済 84億円(82.8%)
その他 支出済178億円(84.1%)
●民生費…社会福祉、高齢者や障がい者、子どもたちへの支援 ●公債費…地方債(市債)の元金や利子、一時借入金の利子 ●土木費…道路や河川、公園の整備など ●教育費…学校教育・社会教育の充実、スポーツ振興など ●総務費…庁舎や財産の維持管理、税金の徴収などの経費 ●その他…衛生費、商工費、農林水産業費、消防費など

特別会計予算執行状況

国民健康保険事業における保険料のように特定の収入で運営する事業は一般会計と区別され、特別会計で計上されています。

会計名 予算額(A) 歳入 歳出
収入済額(B) 執行率
(B/A)
支出済額(C) 執行率
(C/A)
国民健康保険事業 208億 427万円 175億8,297万円 85% 185億5,720万円 89%
宍道国民健康保険診療施設事業 1億8,181万円 1億4,285万円 79% 1億7,384万円 96%
後期高齢者医療保険事業 44億7,224万円 23億8,950万円 53% 43億1,211万円 96%
介護保険事業 181億7,621万円 148億8,495万円 82% 165億6,782万円 91%
住宅新築資金等貸付事業 2億7,255万円 1,083万円 4% 2億7,220万円 100%
簡易水道事業 23億7,810万円 8億5,280万円 36% 18億5,143万円 78%
企業団地事業 688万円 102万円 15% 0万円 0%
駐車場事業 9億2,621万円 3,451万円 4% 9億2,234万円 100%
公園墓地事業 556万円 1億4,598万円 2626% 220万円 40%
鹿島町恵曇・講武・御津・佐太財産区 144万円 43万円 30% 70万円 49%
合 計 472億2,527万円 360億4,584万円 76% 426億5,984万円 90%
市債の現在高

 返済が2年以上にわたる借入金を市債といいます。

27年3月末現在
一般会計1,184億円
特別会計103億円
一時借入金の現在高

 支払のための現金が一時的に不足した場合に、銀行などから借入れるものを一時借入金といいます。このお金はその年度内に返済しなければなりません。

27年3月末現在0円
 ※一般会計での残高になります。
基金の現在高

 特定の事業を行ったり、財源が不足したりするときに使う市の貯金を基金といいます。
 基金には、財源不足を補うための「財政調整基金」や地方債の返済を計画的に行うための「減債基金」、その他に特定の目的のために積み立てる特定目的基金があります。

27年3月末現在
財政調整基金32億円
減債基金29億円
その他特定目的基金92億円
 ※一般会計での残高になります。
| 市報松江6月号目次 |