| 市報松江11月号目次 |
市報松江 2016.11

消防だより 第45号
消しましょう その火その時 その場所で
(28年度全国統一防火標語)
〜11月9日(水)〜15日(火)は秋の全国火災予防運動〜

消防本部 TEL31-9119

 秋は風が乾燥し、火災が大変発生しやすくなります。一人一人が知識と行動力を高め、尊い生命と貴重な財産を守りましょう。

お宅の警報器は大丈夫!?

 住宅用火災警報器の設置が義務となり、約10年が経過しました。
 警報器の交換目安は10年です。
 電池が切れていないか、確認をお願いします。

※ボタンを押すか、ひもを引いて作動確認をしてください。
もし、音が鳴らなければ、いざというときに火災を感知することができません!!

 年数が経過した警報器は、本体の劣化などが考えられるので、警報器本体の交換をお勧めします。

付けてないのは、あなただけ!?

松江市の住宅用火災警報器の設置率は28年6月公表値で83.3%です。(全国は81.2%)

既に8割以上の住宅に設置されています!!

警報器を設置していたおかげで、大事に至らなかった事例が松江市でも発生しています。

たとえば...
 子どもがマッチに火をつけ、マッチをそのまま置いたため、火災となった。しかし、住宅用火災警報器の警報音に気付いた家族が火災を発見し、早期に初期消火と119番通報ができた。 イラスト

 このように住宅用火災警報器は、火災の早期発見に有効です。
 まだ設置をされていない方は早く設置をしましょう。

↑ページトップ
| 市報松江11月号目次 |