| 市報松江2月号目次 |
市報松江 2017.2
information  お知らせ
病院のかかり方を見直しませんか
病院には役割分担があります

 日常的な診察をしてくれるのはかかりつけ医(診療所、医院、クリニックなど)です。
 松江赤十字病院や松江市立病院などは、専門の検査や高度な治療をしたり、重症の救急患者の治療をするところです。

かかりつけ医を持ちましょう

 自分や家族の病歴・普段の健康状態をよく知っているのは、かかりつけ医です。
 まずは、かかりつけ医に相談する習慣をつけましょう。

総合病院…専門の検査や高度な治療
かかりつけ医(診療所、医院、クリニックなど)…日常的な診療

「大きな病院に行ってみたほうがいいかしら?」
「いえいえ まずはかかりつけ医!」
松江赤十字病院や松江市立病院などへは紹介状を持って受診しましょう

 必要があるときには、かかりつけ医が紹介状をかきます。松江赤十字病院や松江市立病院などへは必ず紹介状を持って受診しましょう。

紹介状なしにいきなり行くと・・・・
●病歴や体質、服用している薬などについて把握していないので、一から診察や検査を行うことになり、時間も費用もかかります。
●診療費用のほかに、特別料金がかかります。(28年12月時点。料金は変更になることがあります)
 松江赤十字病院 5,400円  松江市立病院 5,400円     

休日や夜間の受診を見直してみましょう

 仕事が忙しいからといって、つい休日や夜間に受診していませんか?時間外の受診は、医師に負担がかかりすぎたり、緊急の患者さんの治療に支障がでることも。平日の時間内に受診できないか、もう一度考えてみましょう。
 休日に急に受診する必要が出た場合は、休日救急診療室(松江記念病院内 TEL27−8111・中学生以上対象)へ。

※休日救急医療についての詳細は、市ホームページまたはくらしの便利帳をご覧ください。

◆◆日ごろから健康に気を付けて、年に一度は健康診断を受けましょう◆◆
医療政策課 TEL55-5048
↑ページトップ
| 市報松江2月号目次 |