| 市報松江2月号目次 |
2月15日(土曜)14時~16時「もうひとつの成人式」
開場13時
支援や配慮の必要な人のための成人式です。新成人の皆さんの二十歳の節目を一緒にお祝いしませんか?
ところ 松江イングリッシュガーデン
内容は影山さゆりライブ(FM山陰パーソナリティ)、カフェ、手作りショップほか
料金は一般1,000円(高校生以下無料)、各種手帳を持参の方とその家族は無料
申し込みは当日の参加も受け付けますが、出席に際し、配慮の必要な人は出来るだけ事前にご相談ください。
お問い合わせは ちょこっと!くらぶ・永井 電話 090-1010-7605・FAX22-2805
2月26日(日曜)10時~12時
「椿の実で「椿油」に挑戦してみませんか」
八雲郷土文化保存伝習施設 電話 54-1027
ところ 八雲郷土文化保存伝習施設(熊野大社の前)
料金は200円 定員 20人(定員になり次第締め切り)
申し込みはファクス(54-1027)にて
3月5日(日曜)14時~
開場は13時30分
広島交響楽団 第24回島根定期演奏会
お問い合わせはプラバホール 27-6000、広響事務局082-532-3080

緻密な音楽解釈に定評のある指揮者高関健氏と、
現在もっとも勢いのあるピアニストといわれる反田恭平氏を迎え、
チャイコフスキー「交響曲第4番へ短調Op.36」とラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.18」に挑みます。
ところ プラバホール(全席自由)
料金は一般 前売3,200円(当日3,700円)、学生は前売1,500円(当日1,800円)
チケット販売窓口はプラバホール、島根県民会館チケットコーナーほか
「マツコの知らない世界」で大反響を呼んだ
人気ライターによるクルーズ講演会開催
3月11日(土曜) 13時30分~15時30分

人気クルーズライター上田寿美子氏を招いて、
1泊1万円台から気軽に楽しめるクルーズ旅行の世界を紹介します。
素敵なクルーズグッズが当たる抽選会もあります。
ところ くにびきメッセ 小ホール
定員 250人(先着順) 料金は無料
内容 講演『クルーズ旅行の魅力』
講師上田寿美子氏、山陰発着クルーズ旅行商品の紹介、
クルーズグッズが当たる抽選会
申し込み 以下の必要事項を記載し、境港管理組合へメール・FAX・郵送にて申し込み。
1、代表者氏名2、参加人数3、住所4、電話番号5、メールアドレスまたはファクス番号
件名に『クルーズ講演会 参加申込』と記載。
申込締切は2月24日(金曜)〔必着〕
境港管理組合は〒684-0004 鳥取県境港市大正町215
ファクス0859-42-3735 Eメール sakai-port@pref.tottori.jp
お問い合わせは境港管理組合 電話 0859-42-3706
松江歴史館 殿町279番地
休館日:16日(木曜)毎月第3木曜日
電話 32-1607
<企画展「セピア色の水都 松江」明治・大正・昭和の絵葉書コレクション
松江の名所や町並み、祭りや生活風景などを写した絵葉書コレクションのパネル展示をはじめ、
珍しいガラス乾板や市内の鳥瞰(ちょうかん)図などを展示します。
とき 2月17日(金曜)~4月2日(日曜)まで
ところ:企画展示室
観覧料は無料
明治39年 今岡商店発行、コロタイプ絵葉書「松江名所 湖上嫁が島の夕照」
ミニ展示「松江につたわる天神人形」
菅原道真は、没後約千百年にわたって「天神さん」として
信仰を集めてきました。江戸時代後期から大正期になると、
道真を象った人形「土天神」が盛んに作られます。
本展示では、全国の中でも特に美しいと言われる
出雲地方の天神人形を紹介します。
松江には、天神人形を雛の節句に飾る風習があったため、
道真が亡くなった2月25日と雛の節句に合わせて展示をします。
とき:2月17日(金曜)~4月19日(水曜)まで
ところ:展示ホール(展示室前)(観覧料無料)
無料講座 「松江の歴史おもしろ談義」
テーマは漆の歴史から八雲塗を考える
講師は大多和弥生(当館学芸員)
とき 2月12日(日)14時30分~15時30分
ところ 歴史の指南所
定員は60人、要申込、参加無料
イベント 火縄銃の演武と居合切り
とき 2月19日(日)11時~、14時~
ところ 暮らしの庭 (注意)悪天候時は中止、観覧は無料。
「ボランティアスタッフ募集」
松江歴史館で活動いただくボランティアを募集します。
詳しくはお問い合わせをいただくか、
当館ホームページ(http://matsu-reki.jp/)をご覧ください。
募集締切は2月28日(火曜)
活動内容は展示室での案内・解説、講座やイベントのサポー
ト、江戸朝顔の栽培と管理、環境美化(草取り)など。
(注釈)研修会を3月5日(日曜)午後に開催します。
イベント情報
2月11日(土曜・祝日)14時~16時
風土記の丘教室「カンナビ山の起源と祭祀」
お問い合わせは風土記の丘 電話 23-2485。
講師は内田 律雄氏(島根県埋蔵文化財調査センター)、
料金は200円(事前申し込み不要)
アイルランド文化講座「アイルランドの言語・ゲール語」
2月18日(土曜)10時30分~12時
現代のアイルランド人は英語を母語とする人がほとんどですが、アイルランド固有のゲール語という言語があります。
この講座ではゲール語の歴史や影響、特徴などを紹介します。
ところ 国際交流会館
講師 国際交流員 ルーアン・トレイシー
料金 100円、定員 20人(定員に達し次第締め切り)
申込方法は2月7日(火曜)から電話(電話 55-5176)で受付。
お問い合わせは国際観光課 電話 55‐5176。
市民憲章「松江の歴史講座・和菓子づくり体験」
2月19日(日曜)9時30分~13時、受付は9時から。
お問い合わせは、市民憲章「心ゆたかなまち部会」事務局(観光文化課)、電話 55-5214まで。
松江歴史館の専門官・宍道正年さんによる松江の歴史講座
・歴史館見学、現代の名工・伊丹二夫さんとの和菓子づくり体験をしませんか?
場所は松江歴史館 歴史の指南所。
料金は500円
内容は松江の歴史講座→歴史館見学→和菓子づくり体験→作った和菓子と抹茶をいただく。
定員は20人(小学生以上)※小学校1~3年生は保護者の同伴要。
申し込みは住所・氏名・連絡先を記載し、はがき、ファクス
(55-5634)、またはEメール(kenshou-kokoro@city.matsue.
lg.jp)で市民憲章「心ゆたかなまち部会」事務局(観光文化課)まで申込み。
締め切りは2月9日(木曜)必着(申込多数の場合は抽選で決定し、応募者全員に結果をお知らせします)
松江武者行列「時代衣装」着付け講習会
3月11日(土曜)13時~16時30分、3月12日(日曜)10時~15時、
いずれか都合のつく日。
ところ 国際交流会館和室(西川津町)
内容 4月1日(土曜)の武者行列本番で参加者の時代衣装(甲冑・打掛など)の
着付けをしていただけるボランティアスタッフを募集。そのスタッフ向けの講習会です。
京都井筒企画が指導しますので、初心者でも大歓迎です。
申し込みは氏名、住所、電話番号、参加希望日を電話、ファクス(26-6869)、
Eメール(mail@kankou-matsue.jp)にて
3月12日(日曜)11時~15時
「アイリッシュ・フェスティバルin Matsue 2017」
~緑の縁であなたも一日アイリッシュ!~
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の縁で松江市が交流を続けているアイルランド。
松江市ではアイルランドに親しみを込めて、セント・パトリックス・デー(3月17日)を祝い
アイリッシュ・フェスティバルを毎年3月に開催しています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、
アイルランドとの交流事業を行うホストタウンにもなりました。
そして、今年は、日本とアイルランドが外交関係を樹立して60周年の記念の年。
多くの方の参加・来場でアイルランドとの友好ムードを盛り上げましょう!
今年のグリーンライトアップはカラコロ工房(2/16~)と国宝松江城(2月27日~)の2カ所を予定しています。
問合せは国際交流会館 電話 31-8345
パレード参加者募集 
アイルランドのシンボルカラー“緑”のものを身につけて、松江のまちを歩こう!
セント・パトリックス・デイ・パレード
水上パレード 堀川遊覧船 大手前乗船場発着(50分)
10時30分 集合・受付開始 松江城二の丸下の段
11時 出発
参加料 大人500円、高校生以下200円を当日支払い。(小学生未満無料)
陸上パレード 11時30分 集合・受付開始 松江城二の丸下の段 
12時40分 パレード出発(およそ30分)
松江城~京店カラコロ広場
参加料 無料 陸上パレードのみの参加も可。
パフォーマンス参加者募集
ダンスや歌、楽器演奏などで会場を盛り上げましょう!
とき 13時20分~
ところ カラコロ工房周辺及び京店カラコロ広場
参加料 無料
イベントボランティア募集 
当日イベントに協力して下さる方を募集しています!
内容 イベント運営補助、受付補助など
申し込み 3月6日(月曜)まで。申込多数の場合は先着順
↑ページトップ
| 市報松江2月号目次 |