| 市報松江2月号目次 |

みなさんは、私が所属する山陰効果団地をご存知でしょうか?

山陰効果団地とは『音楽・アート・ヨガ』など、多ジャンルの仲間と力を合わせて山陰を盛り上げるために活動をしているコミュニティで、結成9年目を迎えます。

松江市を拠点とし、そこから各地域をつなげることを目的に、地域間連携の柱となれるよう交流や活性化に取り組んでいます。

近年の主な活動としては、『まつえあつめ~松江歴史館に歴史を残そう!~』と題し、松江が大好きなクリエーターが松江歴史館に集まり、松江への愛をあつめた作品展示やコラボレーションライブ、震災チャリティーヨガなどの複合イベントを開催しました。(27年9月)

また、28年11月には、安来市の懐古館一風亭を会場に『やすぎあつめ』を開催しました。『松江市と安来市のつながり』をテーマに、各々が創作活動を行いました。中でも『稲田明伸』さんの作品は、松江城と月山富田城(安来市広瀬町)の歴史的な背景に基づき、松江城の模型部品で、月山富田城を想像復元するというもので、ひときわ目を引く作品として異彩を放っていました。ほかにも、楽しい仕掛けとこだわりいっぱいの空間を演出しました。来場者の皆さまからは、「アートなどを通じて地域を身近に感じることができる良い機会となった」などのうれしい感想をいただきました。今後も引き続き、みなさんの声を原動力に、地域ならではのつながりを大切にし、参加型の新感覚ギャラリーイベントとして広がりを持たせ、定着していけたらと思っています。

また、新成人の未来に向けて役に立ちたいという思いから『松江市成人式のアドバイザー』としても活動しています。今年もパワフルな実行委員とともに、最高の式典を演出しました。

今後も大好きな松江市の力となれるよう、地域に根ざしたハートフルな活動を続けていきたいと思います。

コラム
| 市報松江2月号目次 |