| 市報松江7月号目次 |
市報松江 2018.7
information お知らせ

国民健康保険被保険者証(保険証)・
高齢受給者証の更新の時期です
70~74歳の人は保険証と高齢受給者証が一体化します

保険年金課 国保・年金係(⑨番窓口) TEL55-5263、55-5264

 現在お使いの保険証の有効期限は、7月31日です。
 8月からの新しい保険証は、7月中旬から下旬にかけて特定記録郵便(配達記録が残ります)で世帯主宛てに郵送します。
国民健康保険の都道府県化に伴い、下記のとおり実施しますので確認してください。
①様式が変わります
・島根県を表示。
・松江市による資格管理の開始日を表示(適用開始年月日)。
※交付者は今までどおり松江市です。 【新しい保険証】
②有効期限が1年間になります
・8月1日から翌年7月31日までの1年間になり、今後は毎年8月1日更新になります。
※一部有効期限が異なる場合があります。更新の際に保険証と同封のお便りで確認してください。
③「保険証兼高齢受給者証」を送付します
・70~74歳の人には、保険証とは別に一部負担金の割合を記載した「高齢受給者証」を交付していましたが、今回からは、保険証と一体になった「保険証兼高齢受給者証」となります。
・保険証兼高齢受給者証には一部負担金の割合が記載されていますので確認してください(29年中の所得の状況などにより、医療機関でご負担いただく割合が決まります)。
☆30年8月2日以降に70歳になられる人へ(70歳の誕生月の翌月(1日生まれの人は誕生月)から該当)
 〈1日生まれ〉 誕生月の前月に世帯主宛てに送付します。
 〈2日以降生まれ〉 誕生月に世帯主宛てに送付します。
30年7月末まで(医療機関へ2枚提示)→30年8月から(医療機関へ1枚提示)
↑ページトップ
| 市報松江7月号目次 |