| 市報松江11月号目次 |
10~12月は「不昧公200年祭」松江・秋のおもてなし
~200年分のおもてなし お城や水辺で秋を感じる 松江の茶の湯~
第46回松江市民美術展
8月30日から9月3日まで、島根県立美術館で、第46回松江市民美術展を開催しました。
一般公募と招待あわせて252点の出品がありました。市長賞の受賞作品・受賞者と、
優秀賞の受賞者を紹介します。(敬称略)
●市長賞
〈書部門〉
「瞬く星(またたくほし)」
小椋 頌太(おぐら しょうた)(学園)
〈工芸部門〉
「青萩釉曲線彫文壺(あおはぎゆきょくせんちょうもんつぼ)」
小糠 弘昭(おぬか ひろあき)(浜乃木)
〈洋画部門〉
「JOMON」
宅和 令子(たくわ れいこ)(矢田町) ●市長賞
〈日本画部門〉
「小春日和(こはるびより)」
村上 純子(むらかみ じゅんこ)(古志原)
〈写真部門〉
「行く春(いくはる)」
原 勇次(はら ゆうじ)(東津田町)
●優秀賞
〈書部門〉
梶谷 正紀(かじたに まさとし)(中原町)
池尾  武(いけお たけし)(青葉台)
〈写真部門〉
庄司 成雄(しょうじ なりお)(宍道町)
芦野 博子(あしの ひろこ)(雑賀町)
曽田 敦子(そた あつこ)(古志原)
〈日本画部門〉
田原 民子(たばら たみこ)(法吉町)
〈洋画部門〉
吉岡 眞恵(よしおか さなえ)(秋鹿町)
古浦 紀枝(こうら ゆきえ)(和多見町)
〈工芸部門〉
森山 許代(もりやま もとよ)(西川津町)
黒田 幸久(くろだ ゆきひさ)(竹矢町)
不昧公あれこれVol.8
絲原記念館(仁多郡奥出雲町大谷856)
仁多郡奥出雲町にある絲原記念館は、かつて絲原家が「たたら製鉄」を営んだ場所にあり、敷地内の住宅や庭園を併せてみると、この地で栄えた「たたら製鉄師」の生活・文化の一端を偲ぶことができます。
記念館には、たたら製鉄関連資料をはじめ、代々伝承してきた美術工芸品のほか、たたら製鉄を通じ松江藩と親交のあった同家が所蔵する藩ゆかりの品々も展示しています。不昧公200年祭を記念した企画展では、雲州蔵帳の茶道具、不昧公の自作品、
御好み茶道具などを展示しています。また、今春には絲原家住宅内にカフェスタイルの「茶房十五代」をオープンしており、お抹茶やコーヒーなどをお楽しみいただけます。
不昧公200年祭記念企画展「奥出雲・絲原家に伝わる茶道具の美」開催中(12月28日まで)
不昧公200年祭 問い合わせ:不昧公200年祭記念事業推進委員会事務局(観光文化課内)TEL55-5293
「不昧公200年祭」で検索
↑ページトップ
| 市報松江11月号目次 |