| 市報松江2月号目次 |
市報松江 2019.2
information お知らせ

「松江市行財政改革」29年度の取り組み結果のお知らせ
~15億7,361万円の効果額となりました~
行政改革推進課 TEL55-5193

第二次松江市行財政改革実施計画
(期間:27~31年度)
3つの基本方針
①「多様な公共サービスの提供」
②「財政の健全化」
③「職員の力を最大限引き出す仕組みづくりと意識改革」
・目標効果額(5年間)の変更
 約48億円【当初】→約64億円【変更後】
・取り組み項目の追加
 72項目【当初】→75項目【変更後】
(※うち10項目は完了)

29年度の状況
《29年度累積効果額》
15億7,361万円
※29年度目標効果額(13億7,263万円)に対する達成率(114.6%)
《取り組み項目の進捗状況》
■計画以上および計画どおり(58項目)
■遅れている(4項目)
■見直し変更(3項目)

累積効果額(3年間)
《27~29年度累積効果額》
41億8,115万円
※5年間の目標効果額(63億6,480万円)に対する達成率(65.7%)
財政の健全性が向上!
将来の負担を減らすことにつながったんだね。

実質公債費率の改善
28年度15.1%→29年度14.6%
※1年間の収入に対する借金返済の負担割合です。

将来負担比率の改善
28年度119.9%→29年度108.8%
※一般家庭に例えると、ローン残高が年収の何倍になるか計算したものです。

基金残高(貯金)の確保
28年度53億円→29年度50億円

地方債残高(借金)の削減
28年度1,206億円→29年度1,158億円
借金を減らして、一定規模の貯金を確保しました!
一方で、“特色あるまちづくり”を推進!
松江市独自の取り組み
1.地域資源を活用し、個性豊かで強靭な産業を創り上げ、安定した雇用を創出する
○きらりと光る元気な企業群づくりプロジェクト
 (ものづくりアクションプラン推進事業 など)
○農林水産業の成長産業化プロジェクト
 (担い手対策事業、「地産池消推進行動計画」の策定 など)
○観光産業のバージョンアップ・インバウンド強化プロジェクト
 (松平不昧公200年祭開催経費、ジオパーク推進事業 など) 2.松江の魅力に磨きを掛け、新しい人の流れをつくる
○産学官拠点化推進プロジェクト
 (本社機能移転・拡充促進補助金 など)
○ふるさと人材育成・学力向上プロジェクト
 (クラシック音楽によるまちづくり推進事業 など)
○人材還流・松江暮らし推進プロジェクト
 (「若者人材確保アクションプラン」の策定 など)

「選ばれるまち松江」の実現に向け、取り組みを推進しています。
松江市独自の取り組み
3.まちを挙げて結婚・出産・子育てを応援し、若い世代の希望をかなえる
○子育て環境日本一実現プロジェクト
 (待機児童対策緊急一時預かり推進事業 など)
○女性の活躍促進「一歩前へ」プロジェクト
 (ワーク・ライフ・バランス推進事業 など) 4.時代にあったまちをつくり、安心な暮らしを守るとともに、地域と地域を連携する
○健康都市まつえ・安心安全なまちづくりプロジェクト
 (避難行動要支援者支援事業 など)
○松江の魅力を高める環境・都市デザイン推進プロジェクト
(大橋川周辺まちづくり検討事業、「都市マスタープラン」の改定 など)
※行財政改革の取り組み状況について、詳しくはホームページをご覧ください。
「松江市 行財政改革」で検索
↑ページトップ
| 市報松江2月号目次 |